佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観

【小室圭さんと眞子さん結婚】佳子さまの「これまでの皇族方」とは一線を画す考え方

記事まとめ

  • 小室圭さんと眞子さんの結婚に、妹の佳子さまもお祝いコメントを贈られた
  • 宮内庁関係者は秋篠宮ご夫妻と佳子さまの"温度差"が気になったという
  • 佳子さまはあえて皇室に残り、“権利拡充”を訴えていく可能性も

佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観

佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観

佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観の画像

《小室圭さんが姉のことを大切に思ってくださっていることをありがたく感じています》

眞子さんの結婚に、妹の佳子さまもお祝いコメントを贈られた。秋篠宮邸での別れの挨拶では、報道陣が見守るなか眞子さんをハグ。さらに結婚会見の会場となったホテルに駆けつけ、体調不安のある眞子さんに寄り添われた。

姉妹の絆が感動を呼んだが、宮内庁関係者は秋篠宮ご夫妻との“温度差”が気になったという。

「佳子さまは《小室圭さんのご家族が、穏やかな日々を過ごせるように》と、小室さんの母・佳代さんへのメッセージまで綴られたのです。秋篠宮ご夫妻は、皇室と小室家が結びつけられないよう、儀式を取りやめ、お言葉にも気を使っていらしたのに……」

そんな自己主張の一方、“回答拒否”をされたこともある。大学卒業に際しての文書回答で、宮内記者会からの「(結婚の)お相手はいらっしゃいますか」との質問を、「このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません」と、きっぱり拒絶されたのだ。

言いたいことは言うけれど、プライバシーも守る――。そんな佳子さまの考え方は、これまでの皇族方とは一線を画している。

象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんはこう語る。

「プライバシーを尊重するという佳子さまの姿勢は、“個人の尊重”という現代社会の流れに沿ったものです。それを無理に押さえつければ、また今回のような事態につながる可能性もあります。“私”を尊重しつつ、皇族方にどこまで“公”を求めるのか、国民は考え直すべきかもしれません」

戦後、皇族方は私生活を積極的に公開してきた。そんな「開かれた皇室」のあり方も、眞子さんや佳子さまの世代には受け入れがたいものなのか――。

眞子さんの皇籍離脱で、皇室の人員はたった17人に。政府の有識者会議は、女性皇族が結婚後も皇室にとどまれるようにするべきと提言している。皇室典範が改正されれば佳子さまが秋篠宮家の“次期当主”となる可能性もある。

「自由を求めて皇室を“脱出”された眞子さんに対し、佳子さまはあえて皇室に残り、皇族のままでも自由に生きられるよう“権利拡充”を訴えていくおつもりかもしれません。将来の天皇である悠仁さまの姉として、佳子さまの影響力も大きくなっていくはず。年長の皇族方は『皇室のあり方が変わってしまうのでは……』と心配なさっているようです」(前出・宮内庁関係者)

佳子さまが皇室改革のリーダーになる日も近い!?

関連記事(外部サイト)