眞子さん“理解者”の死に慟哭…小室さんとの結婚も見守り続けた祖父・川嶋辰彦さん

祖父・川嶋辰彦さんが死去 紀子さまは眞子さんや佳子さまと共に病院に駆けつけられる

記事まとめ

  • 眞子さんと小室圭さんの結婚から9日後、眞子さんの祖父・川嶋辰彦さんが亡くなった
  • 紀子さまは眞子さんや佳子さまとともに、病院に駆けつけられたという
  • 眞子さんはタクシーで病院を後にしたが、目を伏せることもあり沈痛な面持ちだったそう

眞子さん“理解者”の死に慟哭…小室さんとの結婚も見守り続けた祖父・川嶋辰彦さん

眞子さん“理解者”の死に慟哭…小室さんとの結婚も見守り続けた祖父・川嶋辰彦さん

眞子さん“理解者”の死に慟哭…小室さんとの結婚も見守り続けた祖父・川嶋辰彦さんの画像

11月4日、眞子さんの祖父・川嶋辰彦さんが亡くなった。

眞子さんと小室圭さんの結婚からわずか9日後のことだった。川嶋さんは先月19日に緊急搬送され、亡くなる前日まで眞子さんは足繁くお見舞いに通った。結婚から3日後には、小室さんと揃って病院を訪れることもあった。

「川嶋さんが亡くなったのは昼前でした。紀子さまは眞子さんや佳子さまとともに、病院に駆けつけられました。眞子さんが病院を後にしたのは、14時50分ごろ。タクシーの後部座席に1人座っていましたが、目を伏せることもあり沈痛な面持ちでした。眞子さんも体調が万全ではないなか、最愛の祖父を失った心痛は計り知れません」(皇室ジャーナリスト)

川嶋さんが学習院大学で経済学部教授を務めていた’90年6月、長女の紀子さまは秋篠宮さまと結婚。当時、川嶋さん一家は大学構内にある教職員用の共同住宅に住んでいたことから、紀子さまは「3LDKのプリンセス」とも呼ばれた。

「川嶋さんは控えめな性格で、どんな人にでも優しく接する温厚な方。紀子さまの婚約内定の際も、記者からの祝福に『あたたかいお気持ち、大変ありがたく存じます』と答えていました」(前出・皇室ジャーナリスト)

秋篠宮ご夫妻が結婚された翌’91年10月には、お2人の間に第一子となる眞子さんが誕生。上皇ご夫妻と同じように、川嶋さんご夫妻にとっても初孫だった。

「眞子さんが生まれた際、川嶋さんご夫妻も宮内庁病院を訪れました。川嶋さんは取材陣の問いかけに応じなかったものの、柔らかな笑顔を見せていたといいます。また幼い頃から本が好きだった眞子さんに、川嶋さんは絵本や児童書を贈っていたそうです」(宮内庁関係者)

そんな慎ましやかな川嶋さんは、眞子さんの結婚問題も最後まで静かに見守り続けてきた。

「これまで川嶋さんが報道陣の取材などに応じることは、ほとんどありませんでした。おそらく、“皇室には迷惑をかけまい”といった気遣いがあったのではないでしょうか。眞子さんの結婚には反対の声も少なくなく、心配していたことでしょう。それでも、川嶋さんが公に意見を述べるといったことはありませんでした。生前、一部週刊誌からの取材についてもユーモアを交えつつ、丁寧に断っていました。最後まで眞子さんの気持ちを尊重していたのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

眞子さんにとって“理解者”でもあった川嶋さん。天国でも暖かく見守ってくれることだろうーー。

関連記事(外部サイト)