山本太郎氏「万死に値する人間」発言に麻生氏アンチからも“言い過ぎ”と猛批判

山本太郎氏が麻生太郎氏について「万死に値する」と発言 麻生氏アンチからも猛批判

記事まとめ

  • れいわ新選組の山本太郎代表が衆院選を受けて開かれた特別国会の前に記者会見を開いた
  • 麻生太郎氏について「万死に値する存在」と痛烈に批判したことが物議を醸している
  • 「アウトだと思う」などと、麻生氏のアンチからも「言い過ぎだ」と批判が相次いでいる

山本太郎氏「万死に値する人間」発言に麻生氏アンチからも“言い過ぎ”と猛批判

山本太郎氏「万死に値する人間」発言に麻生氏アンチからも“言い過ぎ”と猛批判

山本太郎氏「万死に値する人間」発言に麻生氏アンチからも“言い過ぎ”と猛批判の画像

「はっきり言って、副総裁辞任とかじゃなくて、もうすでに万死に値する人間であると。万死に値する存在であるとしか言いようがないです」

11月10日、こう力強く語ったのはれいわ新選組の山本太郎代表(46)。衆院選を受けて開かれた特別国会の前に記者会見を開き、麻生太郎氏(81)について痛烈に批判する一幕があった。だが、「万死に値する」と発言したことが物議を醸しているのだ。

副総理と財務大臣を戦後最長となる在任歴で兼任してきた麻生氏。今回の衆院選では福岡8区で当選し、当選回数は14回目となった。そんな麻生氏に対して、山本氏は「自国通貨建ての国債の発行という部分に関して、『なんの問題もない』『刷りゃあいいんだ、簡単だろ』と言ってきた人間が権力を取るまではそう言ってきて。権力を取った途端に渋りだす。確実に手のひら返しですよね」と指摘。

続けて「国の通貨発行権を使いながら全国にお金を回してデフレを終わらせるということを、ずっと言い続けてきた人間が完全に財務省の手先になっている」「副総裁とかそういう問題じゃなくて政治家自体を辞めた方がいいんじゃないかって話です」とキッパリ述べた。

そして「私のなかで一番許せない話は何かというと、この25年の経済不況を終わらせるということに関しては政府が一番力を持っていて、通貨発行権使ってお金をグルグル回さなければいけないところをお得意様しか回さなかったということ」と前置きした上で、冒頭のように麻生氏を「万死に値する人間」と言い切ったのだ。

“麻生氏が不況の原因を作った”として猛批判を展開した山本氏。彼の言わんとすることに《まったくの同感です》や《正に正論》と賛同の声も寄せられている。だが一方で「万死に値する」という過激な言葉を用いたことに、麻生氏のアンチからも「言い過ぎだ」と批判が相次いでいるのだ。

《麻生太郎は嫌いだけど、公の場で万死に値はアウトだと思う》
《麻生太郎氏俺も好きではないけどさ。流石に言葉選びに品が無さすぎ》
《批判をしたいのはわかるけど、他人に死ぬべきとか言える人間に政治に関わってほしくないわ》

果たして、これを機に山本氏と麻生氏の“口撃”バトルが展開されることになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)