小室圭さん 不合格は「学力の問題ではない」と代理人が明言…経済的不安も否定

眞子さんの夫・小室圭氏は司法試験で不合格 「学力の問題ではない」と代理人が明言

記事まとめ

  • 眞子さんの夫・小室圭氏は7月に受験したニューヨーク州の司法試験で不合格だった
  • 弁護士なら年収2000万円を見込めるが、法律事務員のままなら年収600万円ほどだという
  • 小室圭氏の代理人は「前回合格しなかったのは学力の問題ではない」と述べている

小室圭さん 不合格は「学力の問題ではない」と代理人が明言…経済的不安も否定

小室圭さん 不合格は「学力の問題ではない」と代理人が明言…経済的不安も否定

小室圭さん 不合格は「学力の問題ではない」と代理人が明言…経済的不安も否定の画像

秋篠宮家の長女・小室眞子さんと夫の圭さんは11月14日、ニューヨーク州に到着した。

小室圭さんはすでにニューヨーク州の弁護士事務所に就職している。眞子さんも就職を考えており、共働きで夫婦生活を営む予定だというが、眞子さんが仕事を始めるまでは圭さんの収入で家計を支えていくことになる。

だが圭さんは、7月に受験したニューヨーク州の司法試験で、まさかの不合格。弁護士になれば1年目から年収は2,000万円を見込めるが、法律事務員のままなら推定年収は600万円ほど。物価や家賃が高いニューヨークでの2人暮らしには心もとない収入だ。

本誌記者は、11月12日の小室圭さんと元婚約者の面会直後、圭さんの代理人・上芝氏から話を聞いている。400万円を超えるとみられる解決金を支払ってもなお新婚生活は成り立つのか質問したところ、上芝氏は次のように答えた。

「その点については留学するときから手当てはできているようです。若干の見込み違いはあったとしても、アメリカで暮らすにあたってお金が足りなくなるということはないと思います」

司法試験に不合格となった圭さんにも、経済的に不安はないというのだ。

さらに圭さんの“再受験”についても上芝氏は太鼓判を押す。

「渡米後は来年2月に行われるニューヨーク州の司法試験での合格を目指し頑張るしかありません。仕事をしながらの勉強で大変だとは思いますが、前回合格しなかったのは学力の問題ではないので、体調を万全に整えて臨むことになると思います」

不合格は「学力の問題ではない」とはどういうことなのか。批判が殺到しても結婚を諦めなかった圭さんは“鋼のメンタル”と称されることもあったが、実は眞子さんや佳代さん同様、体調を崩していたということなのか。

「わたしは眞子さんと、あたたかい家庭を築いていきたいと思います」と結婚会見で語っていた小室圭さん。その夢を叶えるためにも、来年2月の試験は落とせないが――。

関連記事(外部サイト)