木下富美子都議の“理不尽”発言が物議「何も理解していない」

無免許運転を繰り返したとして木下富美子都議が在宅起訴 「理不尽」発言が物議に

記事まとめ

  • 在宅起訴された木下富美子都議(55)が11月22日に会見を開き、辞職を表明した
  • 『都民ファーストの会』は木下都議を除名し、都議会は2度にわたって辞職勧告を決議
  • 働きたいのに働けない“理不尽な現実”に悩んだという木下都議にTwitter上で批判も

木下富美子都議の“理不尽”発言が物議「何も理解していない」

木下富美子都議の“理不尽”発言が物議「何も理解していない」

木下富美子都議の“理不尽”発言が物議「何も理解していない」の画像

「私、木下富美子は本日、東京都議会議長に辞表を提出すること、決断をいたしました。小池都知事と直接お話をさせていただき、また支援者の方々にもあらためてご相談をし、都議会議員の職を辞することを決断いたしました」

無免許運転を繰り返したとして在宅起訴された木下富美子都議(55)。11月22日に会見を開き、辞職を表明した。

さかのぼること今年7月、都議会議員選挙期間中に無免許運転で人身事故を起こしていた木下都議。さらに免停期間中、6回にわたって無免許運転をしていたことも明らかに。所属していた『都民ファーストの会』は木下都議を除名し、都議会は2度にわたって辞職勧告を決議した。

そのいっぽうで都議会から召喚状が2度送付されたものの、「体調不良」を理由に応じなかった木下都議。「誠意ある説明をするべき」という3度目の召喚状でようやく今月9日に“初登庁”したものの、「辞職しない」と訴えたことで波紋を呼んでいた。

「木下都議は同日の公営企業委員会に出席する予定でした。しかし、理事らから異論が噴出。なかには、退席する委員もいました。委員会は13時に始まる予定でしたが、10時間後の23時過ぎに委員長らが『現状では開会できない』と判断。結局、そのまま流会となりました」(全国紙記者)

■木下都議と弁護士は「理不尽な現実」「いじめ」と主張

議事運営にも大きな影響を及ぼした木下都議。しかし22日の謝罪会見では、こう語っていた。

「私としては有権者の方々に選んでいただいたことを最も大切に考え、法律による議員の身分保障は民主主義の根幹であり、4年間の任期を都民の皆さまにご奉仕するとの考えのもとで都議を続けたいと申し上げてまいりました」

「仕事がしたくて議員継続を望んでいるにもかかわらず、仕事をさせてもらえないという現実が先日の委員会開会拒否で明らかになりました」

そして「議員として十分に仕事をさせてもらえない理不尽な現実に悩みました」とも述べた。

さらに同席した弁護士は「議会に呼んでおき、出席したら木下以外の議員が委員会をボイコット」「辞職勧告に従わなかった議員を無視するようないじめ行為」といい、「不祥事を行った議員を辞めさせたいのであれば、法律上の適正手続きに従って辞職させることができるよう法整備を整えたらいかがでしょうか」とも提言した。

働きたいのに働けない“理不尽な現実”に悩んだという木下都議。それを「いじめだ」と指摘した弁護士。しかしネットでは、彼らの発言が物議を醸すことに。Twitterではこんな声が上がっている。

《自分の責任エベレスト並みに棚上げして反省してるとは思い難い》
《この段階で理不尽って言葉を残すの、やっぱりフーミンは自己中心的なんだな》
《道交法守らない人に法的拘束力の話をされてもねぇ…》
《何も理解していないんだ、この人は》

会見後、公式サイトにコメントを掲載した木下都議。「多くの方々にご迷惑をおかけしており、申し訳なく思っております」とつづっているが、“お詫びの気持ち”は有権者に伝わるだろうか?

関連記事(外部サイト)