愛子さま愛され20年写真史!天皇家の新成人は32年ぶり

愛子さま愛され20年写真史!天皇家の新成人は32年ぶり

愛子さま愛され20年写真史!天皇家の新成人は32年ぶりの画像

12月1日、愛子さまが成人を迎えられた。天皇家の皇族が成人を迎えるのは、黒田清子さん以来32年ぶりの慶事。そこで本誌が見つめてきた、プリンセスのご成長ぶりを写真で振り返ります。題して、「愛子さま愛され20年史」ーー。

【’02年】

那須御用邸でご静養中、沼ッ原湿原へ。遊歩道で休む家族と笑顔で交流されていた。

【’03年】

葉山御用邸裏の一色海岸をご散策。雅子さまが見つけられたトンビを一緒にご覧に。

【’04年】

天皇陛下と手をつながれて東宮御所で沖縄豆記者にご接見。

【’06年】

大相撲の大ファン。両国国技館で秋場所の初日をご観戦。

【’08年】

真新しい制服に赤いスカーフを巻き、学習院初等科の入学式へ。初等科へは徒歩で通学された。

【’09年】

ベトナムから帰国の天皇陛下をお出迎え。大好きなパパとのご対面にうれしそう。

【’12年】

初等科5年生、管弦楽部ではチェロを担当されていた。

【’12年】

11歳のお誕生日。学校でのクラブ活動はバスケットボール。

【’13年】

6年生。膝にばんそうこうを貼りながら組み体操を披露。ピラミッドでは下の段を担われた。

【’14年】

初の伊勢神宮ご参拝。緊張の面持ちで内宮の参道を進まれた。

【’14年】

祖父母・上皇ご夫妻の傘寿を記念した展覧会をご一家で。

【’16年】

ネパール大地震復興支援チャリティ試写会で岡田准一氏と。

【’16年】

15歳のお誕生日写真。ほっそりされた姿に思春期の摂食障害とも噂され心配の声が。

【’19年】

スキー場に向かわれるJR長野駅で、地元の人たちと自然な笑顔でご歓談を。高校生のころから国民との距離が近くなられた。

【’20年】

学習院大学文学部日本語日本文学科へご入学。コロナ禍のため10月に初登校となった。

【’20年】

19歳の誕生日写真は愛犬の由莉と。保護された犬や猫を大切にお育てになっている。

【’21年5月6日】

ボブカットにされ久しぶりの外出。幼いころ乗られていた愛馬に会うため皇居をお訪ねに。

【’21年9月6日】

両陛下と暮らしてきた赤坂御所を出て皇居へお引っ越し。新御所で初の誕生日を迎えられる。

■皇室への敬愛を担う愛子さまのご成長(『女性自身』皇室担当記者・近重幸哉)

20歳のお誕生日をお迎えになる愛子さま。20年前、雅子さまが愛子さまを抱かれ宮内庁病院から出てこられたとき、腕の中でスヤスヤと眠る愛子さまを見つめられた慈愛に満ちたご表情が今も心に残っている。

その前日、愛子さまのお名前が決められる「命名の儀」があり、宮内庁の総務課長が「12月1日ご誕生になった内親王殿下は、御名を愛子と命ぜられ、敬宮と称されます」と発表した。

お名前の出典は『孟子』の「離婁章句下」からで、広く人間社会で修養すべき基本的道徳を述べ、敬と愛の大切さを説いている一節と説明された。

お名前どおりのお心は、成年皇族になるとお着けになるティアラなどの宝飾品を、コロナ禍の国民生活を憂慮され新調せず、叔母の黒田清子さんから借りられることにも感じられた。

さらにこのお心は高校生となられてからの、お出かけ先のお姿にもうかがえる。幼いころは人前が苦手なご様子だったが、成長されてからは、両陛下がご静養先などの駅頭で多くの人々と交流される場面でも、愛子さまに落ち着きを感じるようになった。

たとえば雅子さまが高齢の方たちとお話しされていると、そのそばにいらっしゃり、会話を優しいご表情でお聞きになっているのだ。こうしたご様子から、周辺の人たちにも、愛子さまのお人柄、お気持ちの優しさが伝わっていく。それが令和の皇室への敬愛につながっていくのだ。

コロナ禍が明け、愛子さまの成年皇族としてのご活動が始まると、いっそう敬いの輪が広がっていくに違いない。

関連記事(外部サイト)