99歳に見えない壮健ぶり 渋沢栄一の孫娘明かした健康の秘訣

99歳に見えない壮健ぶり 渋沢栄一の孫娘明かした健康の秘訣

99歳に見えない壮健ぶり 渋沢栄一の孫娘明かした健康の秘訣の画像

渋沢栄一の孫でエッセイストとして活躍する鮫島純子さん(99)は、その心身壮健な様子や穏やかな語り口で、多くの人々の注目の的となっている。

渋沢栄一の実像を知る貴重な生き証人でもある鮫島さんは、渋沢の三男で実業家渋沢正雄氏の次女である。近年はエッセイストとして著書を出し、近著『なにがあっても、ありがとう』(あさ出版)『97歳、幸せな超ポジティブ生活』(三笠書房)はいまやベストセラーに。

エッセイの人気もさることながら、目を引くのはピンと伸びた背筋やツヤのある髪。ハキハキとした話し方も、とてもではないが99歳には見えない。鮫島さんに健康法を聞くと、様々な先人たちから教えを賜ったという。

台湾出身で日本で医学博士となった故・荘淑?(そうしゅくき)氏の教えも、鮫島さんの健康の秘訣の一つだ。日課となっていた明治神宮の散歩中に親しくなったという荘氏。彼女から教えられた健康習慣や、鮫島さんが貫いてきた日々の健康法を今回教えてもらった。

■樹の気を浴び一直線に歩く

「長年、早朝に明治神宮の森を歩くことを日課としています。主人の存命中は二人で、日の出とともに起床し、明治神宮の森、緑の中を散歩しました。夫を看取り、年を重ね、今は半周になりましたが、これは決定的に心身によいことだと思います。」

歩くときは1歩ずつ足を前に出し、いわゆるモデルウォークで一直線上に進む。朝からよい気をいっぱいにいただけそうだ。ちなみに明治神宮は渋沢栄一氏が発起人となり気鋭の学者たちが結集し、建立した都心に広がる100年の森だ。

明治の人たちの叡智の詰まった森の中を歩き、鎮座する本殿に鮫島さんがいまも詣でているということだけでも、これに習えばご利益に預かれそうだ。

■食事は、朝3昼2夜1の割合で、夜は控えめに

「朝はしっかり、夜は控え目に、3食いただきます。比較的少食に、腹八分を心がけています。とはいえこのごろは自然に食が細くなりましたけれど、数年前まで肉料理をいただくのは朝と決まっていました。夜は控えめにし、胃腸へのいたわりで夜8時以降は何も口にしません。そうすると空腹で目覚めて、朝食をしっかりいただけるのです」

ただし朝が来たから、夜になったから必ず食べるという無理はしない。いまは一人暮らしなため、その日の体調や自然のリズムに応じて臨機応変にいただくようにしている。

■本来の正しい背中で過ごす

「健康の源はとにかく姿勢よ」という荘氏の教えはしっかり鮫島さんに受け継がれている。つい先日、招かれたイベントでも立ったまま60分間講演をこなした。その間中スッと伸びた姿勢を保ったまま、居合わせた観客や出演者たちも見惚れるほどだった。

「よい姿勢は内臓を圧迫せず血流も消化も呼吸も好条件となり健康維持に効果的です。私は折に触れショーウィンドウなどで姿を点検し、前かがみになっていないかなど、気がつくたびに骨盤を立て直しています」

■朝の排泄習慣を心がける

「現代人は食べることばかりに夢中になり、出すことをおろそかにしているようです。出すほうがずっと大事です。食物繊維が豊富な食材を摂り、よく動くことで、お通じを促しガスも体内にとどまらないよう気を配っています。

荘先生によるとガスは要注意です。体内ガスが増えて胃や横隔膜を圧迫すると背中や肩がこる、腰痛が起こるなどの不調が起こりそんなときに病原菌が体内に侵入してくると簡単に病気を発症してしまうといいいます」

余分なガスを溜め込まずバランスのよい生活を心がけることが健康の必須条件と教えられたことを鮫島さんはずっと守っているという。

■酵素パワー「ケンコーソ」を創業以来愛飲

「現代人に不足しがちな胚芽や食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に詰まった米糠をベースにした粉末パウダー『ケンコーソ』をスプーン1杯ほど54年間、毎日愛飲しています。糠の栄養素は捨てるには勿体無いほどの健康成分です。肉や魚の下ごしらえにも重宝し、家族の元気の源です」
初代創業者が自宅にサンプルを持参し製造過程から見守ったご縁もあり、鮫島さんだけでなく孫からペットまで家族で愛飲している。宣伝にお金をかけていない分、シンプルなパッケージになっている。

■感謝の気持ちを忘れない

「「ありがとう」の言葉は非常に穏やかなエネルギーを生み出します。感謝することを忘れがちだったころは家中に「ありがとう」の文字を貼り付けていたものです。身についたのでほとんど外しましたが、いまもダイニングキッチやトイレには貼ってありますね。災難に遭遇しても、いわば厄払いをしたと受け止め、これからは好転すると信じて前を向きます」

数年前にぎっくり腰になった折にも思わず口から出た言葉は「ありがとう」だったという。

(取材・文:本荘その子/撮影:菊池一郎)

関連記事(外部サイト)