中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚

中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚

中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚の画像

「将来の目標は、F1レーサーです」

あどけなさの残る顔を真っ直ぐこちらに向けて、彼はキッパリとこう言った。

パイプフレームにむき出しのエンジン、タイヤ、それにシート……、必要最小限のパーツだけを取り付けた簡素で小さな車体で競い合うレーシングカート。モータースポーツの最高峰・F1への登竜門とも言われ、いま世界で活躍するトップレーサーのほとんどは、このカートの経験者と言われている。

そのカート界でいま、まばゆい才能を発揮しているのが彼、堂園鷲(しゅう)選手だ。若干14歳、中学2年生の彼は今年、大人も参戦する全日本カート選手権のFS-125(シニア)部門で、見事シリーズチャンピオンに輝いたのだ。

鷲くんが初めてハンドルを握ったのは2歳半のとき。趣味でカートに乗っていた父・謙さん(56)が、芝刈り機のエンジンを積んだキッズ用カートを買い与えたのが最初だった。以来12年間、父と息子は2人で、二人三脚で走り続けてきた。

「鷲はどこのチームにも所属していませんし、スクールに入れたこともない。だから、ドライビング技術などを教えた僕が、ここまで彼を1人で育ててきたんです」

こう謙さんは胸を張る。だが、「1人で育てた」のは、なにもサーキットのなかだけの話ではなかった。

鷲くんが生まれたのは2007年のこと。

父・謙さんが40歳のころに知り合った16歳年下の女性。交際を始め、1年ほどで彼女は妊娠し、いわゆる“授かり婚”に。こうして生まれてきたのが鷲くんだった。

「でも、鷲が生まれるころには、夫婦の関係はギクシャクしていて。生後6カ月のとき、僕と鷲とで外出している間に、彼女は家を出ていってしまった。そこからしばらく音沙汰なしで、1年後に弁護士を通じ『離婚したい』と連絡が来たんです」

だから、現在の堂園家は父子家庭、謙さんはシングルファーザーだ。

「独身時代の僕は、自分の好きなことだけして生きてきました。でも、子供ができたと分かったとき、これからは子供のために生きると決めたんです」

謙さんはファッション誌の業界では名の通ったカメラマンだった。海外生活も長く、国内外の雑誌や広告で活躍した。そんな名声や収入、すべて投げ打つ覚悟で、新米パパは生まれて間もない我が子と向き合った。日々、ミルクを与え、オムツを変え、お風呂に入れた。「大変だったでしょうね?」と問いかける記者に謙さんは「当たり前のことをしただけ」と涼しい顔だ。彼が大事に保管している鷲くんの母子手帳、それに保育園の連絡帳を見せてもらうと、毎日の愛息の様子や成長が、細かな字でびっしりと書き込まれていて、驚かされる。

「僕と同世代の男性は『男親のワンオペ育児なんて到底無理』と思うかもしれない。だけど、それは仕事と子育ての両立を考えるからじゃないですかね。僕は鷲が生まれてきたときには『仕事なんてどうでもいいや』と思ってましたから」

もちろん、乳児のころの鷲くんの夜泣きに閉口したことだってある。深夜に発熱し、うなされる息子を救急病院に担ぎ込んだことも。親としての心配は尽きなかったが「それでも、シングルファーザーだから苦労したんだなんて思ったことは一度もないです」と謙さん。

「僕は、子育てでもっとも大切なのは、子供と一緒の時間を過ごすことだと思ってるんです。子供と一緒に遊んだり、子供と一緒になにかに夢中になったり。それがあれば、ほかのことは大した問題じゃないんじゃないかな」

にこやかにこう話す父が見つけた、息子と過ごす一緒の時間、それがカートだったのだ。

「というか、まずは僕自身が、幼い鷲と一緒に楽しみたい、そう考えたんですよ」

■2歳半でカートを始めて 鷲くん「僕にはこれしかないから」

鷲くんがカートに乗り始めたのは2歳半。一般的には、子供が三輪車のペダルをやっとこげるようになるとされる年ごろだ。当の鷲くんは「まったく覚えてません」と笑うが、父・謙さんによれば「最初からわりに違和感なく乗れていた」という。

「それ以前も、毎週サーキットに連れていって、エンジンの音にも慣れさせてましたし、レンタルの二人乗りカートで、僕の運転で隣に乗せたことも。だから、本人は自分1人で運転できることが面白かったんじゃないですか」

以来、謙さんはネットなどでさまざまな情報を集め、ドライビング技術や車体の整備方法、それにレーサーになるための日々のトレーニング法も勉強。専属のコーチ兼メカニックとして、息子の成長を支え続けた。その父子の姿はまるで、かつて漫画やアニメで一世を風靡した「巨人の星」の一徹&飛雄馬のようだ。

「始めた当初は1日1キロ、いまでは4キロのランニングを日課にさせていて、レースを走り抜く体づくりをさせてます。鷲が4、5歳のころにはテレビを見るときは必ずバランスボールの上に膝立ちか、スクワットをしながら、なんてルールも以前は課してましたね」

ときに父は指導に熱が入りすぎて、息子に轢かれて転倒、1週間の入院を余儀なくされたこともあった。いっぽう、息子も練習中の事故で足を骨折するという経験もした。そんな、苦労を重ねながら、鷲くんはカートレーサーとしてみるみる成長。小学校に上るころには上級生たちを相手に、何度もレースを制するようになった。そして小6。全日本カート選手権のジュニア部門でチャンピオンになり、モータースポーツの本場、ヨーロッパでの武者修行にも打って出た。そして今年。先述したように、ついにシニア部門でシリーズ王者に。

「レースで結果が出なかったりする時期は、毎日のトレーニングも嫌になって、もう辞めたい、って思うこともあったけど。それでも続けてきたのは、やっぱりカートが好きだから。それに僕にはこれしかないから。レースで生きていくんだって覚悟してるので」

ここまで明確に、自分の将来を思い描ける中学生も珍しいのではないか。年間30戦近いレースと日々のトレーニングに忙しい鷲くんは、同級生と遊びに出かける時間もほとんどない。家計は多額の出費がかさむカートが最優先だから、皆が持っているゲーム機を買ってもらうことなど、夢のまた夢だ。

「でも、自由に楽しそうにしてる友だちのことを、羨ましいとは思いません。将来の目標がはっきり決まっているほうが、自分は毎日、頑張ることもできるから」

中学3年になる来年は、国内カートレースの最高峰クラスにエントリーする予定の鷲くん。記者が「高校生になる再来年以降はヨーロッパに?」と水を向けると、未来のF1レーサーは目をキラキラさせながら、またキッパリと言い切った。

「はい、行きます!」

■母の顔は覚えていない「そのぶんお父さんが頑張ってくれてるから」

「お母さんのいない生活は……、もう、ぜんぜん慣れてるので。大丈夫です」

健気にこう話す鷲くん。離婚直後は数ヶ月に1度、母は面会にきたというが。謙さんが当時を振り返る。

「やっぱり息子はママに懐いていなかったし、抱っこも嫌がって。離れて見守っていると、ちょっとしたことですぐにこちらへ『パパー!』と走り寄ってくるんです。そんな僕らの様子を見て彼女もやっぱり引け目を感じたんじゃないですか。鷲が2歳になるころ、『もう会わなくていいかな』って連絡がきて。以来、一度も会ってません。連絡も来なくなりました」

鷲くんは「もう顔も覚えてないし。だから、寂しいとも思いません」とつぶやき、端正な顔にもう1度、笑みを浮かべてみせた。

「そのぶん、お父さんが頑張ってくれてるから」

息子の言葉を横で聞いていた父。照れ隠しなのか「でも、最近は反抗期だよな」と言葉を継いだ。

「中学生になって、だいぶ賢くなっちゃって。僕の言うことにも、もう、いちいち口答えするように(苦笑)」

父子2人の暮らしが始まって以来、炊事はじめ家事全般はずっと謙さんが担ってきた。

「お父さんの作るごはんでいちばん好きなのは……、ステーキとかかな。でも、いつもだいたい同じやつしか出てこないから」

鷲くんがこう言って微笑むと、謙さんは「おいおい!」と大袈裟にツッコミを入れる。

「10種類ぐらいしかないレパートリーを繰り返してる感じなんでね。でも、どこの家のママたちだって、きっとそんなもんだと思うよ(笑)。じゃ、今日は外にごはん、食べ行くか?」

父の言葉に、今度は食べ盛りの息子が即座に反応した。

「うん、焼肉がいい! じゃなかったらピザ!」

今日いちばんの、無邪気な笑顔をみせた息子。その頭を、同じく満面の笑みを浮かべた父は愛おしそうに、撫でるのだった。

関連記事(外部サイト)