感染研のオミクロン株報告書に対し、専門家が「厚労省に忖度している」と痛烈批判

記事まとめ

  • 感染研のオミクロン株報告書に対し、医師や科学者8人が公開質問状を出した
  • 感染研はWHOの見解と違い、経路のメインを『飛沫感染と接触感染』と捉えているという
  • 清水宣明教授は「感染研が厚生労働省に忖度しているのではないか」と見ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております