悠仁さま ご進学先・筑附のOBOG語る校風「東大志望は少数派」「一芸ある人がモテる」

悠仁さま ご進学先・筑附のOBOG語る校風「東大志望は少数派」「一芸ある人がモテる」

悠仁さま進学する筑附の校風

悠仁さま ご進学先・筑附のOBOG語る校風「東大志望は少数派」「一芸ある人がモテる」

悠仁さま ご進学先・筑附のOBOG語る校風「東大志望は少数派」「一芸ある人がモテる」の画像

お茶の水女子大学附属中学校のご卒業が迫る、秋篠宮家の長男・悠仁さま。2月16日には筑波大学附属高等学校(筑附高)に進学されることが発表された。同大の永田恭介学長は2月24日の会見で、「たいへん光栄なこと。できる限りの方策を立てて安全・安心を確保したい」と歓迎の言葉を述べた。

21年には29名の東大合格者を輩出した都内有数の進学校に、4月から通われる。

「学習院以外の高校に進学される皇族は悠仁さまが戦後初めてです。幼稚園から中学校までお茶の水に通われた悠仁さまですが、ご学友など同年代との交流は少なかったといいます」(皇室ジャーナリスト)

永田学長は冒頭の会見で「自主・自律・自由が付属高校のモットー」とも述べていたが、悠仁さまがのびのびと学べる校風なのだろうか? 筑附高出身の30代のOGはこう語る。

「私が通っていたころは、制服もなく、校則もほとんどない自由な校風でした。勉強やスポーツなど、一人ひとりが好きな分野に打ち込むことができましたね。育ちの良さを感じる生徒が多く、基本的に勉強ができる子は多かったと思います」

■伝統行事は親交を深める絶好のチャンス

1学年の生徒数は約240名という筑附高。同校のホームページによると、各学年6クラスずつで1クラスの人数は約40名。男女比はほぼ1対1で編成されているという。

また、生徒のうち約3分の2は筑附中出身で、それ以外は他の中学校の出身者で構成されているという。半数以上が内部進学者とすれば、すでにコミュニティができあがっている可能性もある。そのため、一部では“ご学友づくり”に心配の声が上がっていた。前出のOGはこう語る。

「確かに、コミュニティは小・中学校でほぼできあがっているので、高校から入るとなると積極性が必要かもしれません。とはいえ、私が知っている限りでは陰湿ないじめなどはなく、穏やかな雰囲気でした。“人は人、自分は自分”という風に捉えている子が多いので、様々な価値観に触れることを意識すると良いと思います」

年間を通して行われる伝統行事は、生徒同士の仲が深まる絶好のチャンスのようだ。前出のOGは続ける。

「毎年6月に学習院高等科と部活ごとに競い合う、『院戦』と呼ばれる運動部総合定期戦があります。生徒たちも特に力が入る行事で、この試合に向けて部活ごとでの団結力が高まっていきます。こういったスポーツや部活などの一芸に秀でている人の方が、学内ではモテていましたね。

また1年生は7月中旬から8月上旬にかけて、長野県蓼科高原での林間学校があります。登山や寮での集団生活を通じて、クラスメイトとの仲が深まりやすくなります。この林間学校をきっかけに付き合ったカップルは、“永遠に結ばれる”といった逸話もありました(笑)」

■東大を目指す生徒は少数派

自由な校風が特徴的な筑附高だが、進学校とあって受験に対する意識はどうだろうか。

20代のOBは「入学してすぐに受験一色となるわけではありません」と語る。一方で「その代わり、みんな高校1年生から塾に通っていましたね」と振り返り、こう続けた。

「学校では受験対策は行われなかったので、塾に通う生徒がほとんどでした。塾に通いつつ高校3年生の6月まで院戦に励んで、それが終わったら本格的に受験モードに切り替わります。とはいえ、秋から冬にかけてスポーツ大会や遠足といった行事もあり、高校生活も謳歌していました」

悠仁さまが将来的に“東大進学”を目指されているということが一部で報じられている。しかし、筑附高ではそこまで東大にこだわる生徒は少ないようで、前出のOBは次のように教えてくれた。

「東大を目指す生徒は一定数いましたが、少数派でしたね。筑附小の出身者には早稲田、慶應を目指す子も多かったです。そもそも東大を目指すのであれば、初めから麻布高校や開成高校、筑波大学附属駒場高校といった進学校を選ぶ傾向があります。東大を目指すために筑附高に入るのは、やや珍しいと思います」

期待に胸が膨らむ高校生活。悠仁さまはどのように過ごされるのだろうか。

関連記事(外部サイト)