小室圭さん ボサボサ髪で試験会場へ…眞子さんと二人三脚で合格目指す奮闘のNY生活

2度目の司法試験も不合格だった小室圭さん 髪の毛はセットされ、体はスリムに変化

記事まとめ

  • 司法試験会場で目撃された小室圭さんは、髪はボサボサ、肌は不健康そうだったという
  • 奥野善彦弁護士に3度目の受験に挑む意思を伝えたといい、夜遅くまで働いているそう
  • 試験から2カ月が経った小室さんは、髪の毛はセットされ、体もスリムになっていたとか

小室圭さん ボサボサ髪で試験会場へ…眞子さんと二人三脚で合格目指す奮闘のNY生活

小室圭さん ボサボサ髪で試験会場へ…眞子さんと二人三脚で合格目指す奮闘のNY生活

小室圭さん ボサボサ髪で試験会場へ…眞子さんと二人三脚で合格目指す奮闘のNY生活の画像

「私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人と共に過ごしたいと思っています」

昨年10月26日に、秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚会見に臨んだ小室圭さん。眞子さんの発言の後、小室さんは開口一番に眞子さんへの気持ちをストレートに語った。眞子さんも、「私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と強い意思を述べていた。

そんな小室夫妻が新しい門出を迎えてから、半年が経った。NYでの新婚生活は波乱の幕開けだった。

小室さんは米・ニューヨークの法律事務所で法務助手として働きながら、昨年7月に同州の司法試験を受験。その結果が結婚会見から3日後の10月29日に発表され、合格者一覧には小室さんの名前がなかったのだ。

合否発表の直前には、ニューヨークの弁護士会が学生を対象に募集した論文コンペで優勝したことも報じられた小室さん。

当時、NHKによると、小室さんはかつて勤務していた弁護士事務所の所長である奥野善彦弁護士に、電話で不合格だったことを報告。4カ月後の試験に再挑戦する意向を伝えたと報じられた。奥野氏は眞子さんとも話したといい、小室さんの勉学を支える意思を示していたという。

本誌は小室さんが渡米する直前、小室さんの代理人・上芝直史弁護士を取材。小室さんの再受験について、上芝氏は次のように話していた。

「渡米後は来年2月に行われるニューヨーク州の司法試験での合格を目指し頑張るしかありません。仕事をしながらの勉強で大変だとは思いますが、前回合格しなかったのは学力の問題ではないので、体調を万全に整えて臨むことになると思います」

■「学力の問題ではない」も合格点まで5点足りず

それからほどなくして、昨年11月14日に羽田空港からニューヨークへと旅立った小室夫妻。仲睦まじくニューヨークの街並みを歩く2人の姿は、海外メディアにもキャッチされた。

一方で、小室さんは法律事務所で勤務する傍ら、2度目の司法試験に向けて準備を進めてきた。仕事と勉強の両立はハードだったのだろうか、今年2月下旬に司法試験会場で目撃された小室さんは、髪はボサボサ、肌は不健康そうで、体もふっくらしていた。

ところが、4月14日に発表された司法試験の合格者一覧には、またもや小室さんの名前はなかった――。

小室さんは1度目の受験時と同じように、奥野氏に電話で不合格を報告したとNHKは報じている。合格点まであと5点足りなかったといい、今年7月に3度目の受験に挑む意思を伝えたという。一方で、現在務めている法律事務所での勤務状況について、小室さんは「夜遅くまで働いています」とも明かしていたという。

合否発表から5日後の4月19日には、出勤のため法律事務所に向かう姿が目撃された小室さん。試験から2カ月が経ち、髪の毛はきちんとセットされ、体もスリムに。そんな小室さんは撮影で身構えるカメラマンを横目で捉えると、笑みを浮かべる姿もキャッチされている。

小室さんは結婚会見で、「これからも出来る限りのことをして、眞子さんをお支えしていきたい」とも語っていた。愛妻のために、“3度目の正直”を目指す。

関連記事(外部サイト)