目が見えない夫婦の子育て 家族でかけあうたくさんの「ありがとう!」

目が見えない夫婦の子育て 家族でかけあうたくさんの「ありがとう!」

目が見えない夫婦の子育て 家族でかけあうたくさんの「ありがとう!」の画像

【前編】全盲の弁護士と音楽家の夫婦 子どもたちの笑顔は心に映ってから続く

夫婦それぞれに「もし、目が見えたら何を見てみたいですか?」と尋ねた。

「子どもたちの顔が見たい」

こう即答したのは誠さん。いっぽうの亜矢子さんは、

「私ももちろん子どもたち。

でも、私は幼いころから鏡を見るのが夢だったので、まずは鏡かなぁ」

そしてふたたび、大胡田家。

「今日のお肉、おいしいね〜」

食卓からは、子どもたちのうれしそうな声が聞こえてくる。

「今日は取材があるから奮発したんだ、やっぱり和牛は違うよね」

こう言って笑う誠さん。亜矢子さんも「うん、おいしい」と器用にナイフで切り分けた肉を、フォークで口に運んでいる。

ここで記者は、子どもたちに最後の質問をした。「もし、パパとママの目が見えたら、何を見せてあげたい?」と。

響くんは、照れくさいのか声に出さずに自分で自分の顔を指さしてみせた。

そんな弟を見て、こころさんは、「私も同じかな。あ、あと鏡、鏡を見せてあげたい」

■子どもたちも自分のことはできるようになりましたし、私たちを手助けしてくれる場面も

誠さんと亜矢子さん、ふたりはともに全盲の夫婦だ。

誠さんはハンディキャップを乗り越え、司法試験に合格。日本の法曹界史上3人目の、全盲の弁護士になった。幼いころからピアノを続けてきた亜矢子さんは、音大を卒業しソプラノ歌手に。弾き語りのミュージシャンとしても活躍。上皇后美智子さまの前で、歌声を披露したこともある。

ふたりは’10年に結婚し子宝にも恵まれた。しかし……。健常者でもたいへんな子育て。記者は素朴な、でも、不躾な質問を、ついつい、ぶつけてしまった。「目の見えないふたりがどうやって?」と。

「もちろん、できないことや難しいこともあります。でも、そこは割り切ってといいますか、見える人の手を借りながら、ですね。それに、いまでは子どもたちも自分のことは自分でできるようになりましたし、私たちを手助けしてくれる場面も少なくないんですよ」

■震災を機に、本当に大切なものはなにかと考え、長女を「こころ」と命名。

’11年3月。東日本大震災で日本中が混乱するなか誕生した長女に、誠さんは「こころ」と名付けた。

「いろんなものが震災で破壊されてしまった世の中で、本当に大切なものはなにかと考え決めました」

さらに1年4カ月後の’12年7月には長男が生まれる。ふたりは「誰かの心に響く人になってほしい」と「響」と命名した。

「子どもがふたりとなると、少しの油断で命に関わる事故が起きてしまうかもしれない。そこで、思い切ってサポートをお願いしました」

こう誠さんが説明するように、’12年秋から亜矢子さんの母が同居。全面的に家族を支えてくれた。

「絵本の読み聞かせや学校とのプリントでのやりとりなど、どうしても視覚情報が必要な部分は義母が助けてくれました。義母はじめ周囲の人たちの手も借りて、どうにかやってきた、そんな感じです」

先述のとおり「自分たちだけでは無理」と早い段階からいい意味で割り切っていた誠さん。それは亜矢子さんも同じはずだったが。

亜矢子さんの不安は、寄り添い上手な夫、それに成長の早い子どもたちが、徐々に和らげてくれた。

「こころは、上手に響にミルクを飲ませてくれました。小学校に上がるころには2人とも料理の手伝いも。掃除のときも『ここにまだゴミ落ちてるよ』と教えてくれたり、拾ってくれたりも」

順調だった家族5人の暮らしだったが、昨年、亜矢子さんの母が他界。ここへ来て、改めて4人だけの暮らしがスタートしたのだ。

■私たちの場合は頭にきたからって、しゃべらないというわけにはいかないので

「最初のころは『皆で役割分担して頑張っていこう』なんて言って、うまくいってたんです。でも、それも、だんだん崩れてきましたね。子どもたち、気が向いたら手伝ってくれますけど。最近は基本的には『私が頑張ればいいのよね』って感じかなぁ」

苦笑しながら家事負担が激増したことを訴える亜矢子さん。いっぽうの誠さんは「自分のスタイルを崩さないほうかも」と自己分析するようなマイペース人間。ときに夫婦の間が険悪になることも。

「そういう夫婦げんかは、障害のあるなし、関係なくありますよ。ただ、私たちの場合は頭にきたからって、しゃべらないというわけにはいかないので」

亜矢子さんの言葉に、誠さんがこう言葉を継いだ。

「それはそうだね。うちは、言葉をかけ合わないと、生活が回らないから。僕らはどんなときも、夫婦の会話はなくならないよね」
「そうね、怒ってると必要最低限、事務的にはなるけどね。『ほらほら、コーヒー、熱いの通るよ』とかね(笑)」
「あれ、まだ怒ってるなとか、声のトーンで判断したりも(苦笑)」

■目が見えないからこそ「ありがとう」と言ったり言われたりする機会がすごく多い

また、亜矢子さんがどれだけ頑張っても、ときには見えないことが原因で失敗することだってある。

「先日も朝、子どもたちの上履き、それぞれ袋に入れて持たせたんですけど。登校していざ履こうとしたら、姉と弟の上履きが逆に入ってたみたいで。子どもたち、慌てて取り替えに走ったって(笑)」

こんなふうに失敗を笑って話せるのも、家族で確かな幸せを実感できているからにほかならない。亜矢子さんは言葉を続けた。

「私自身は、よそのママたちと同じようにできないことや、いろんな人に手伝ってもらうことに引け目を感じたこともありました。でも、それはそのぶん、いろんな人と関わりを持てたということでもあって。私たちは夫婦の間でも、親子の間でもそうですけど、『ありがとう』って言ったり言われたりする機会がすごく多いんです。それは決して悪いことじゃないかなと、いまは思ってます」

関連記事(外部サイト)