佳子さま ダンスレッスンにヒョウ柄私服…“エリート同級生”実家をお忍び訪問までに本誌が見たご機嫌なプライベート

"同級生エリート歯科医"との交際を報じられた佳子さま オンとオフ切り替え上手な一面

記事まとめ

  • 佳子さまは“同級生エリート歯科医”との交際を女性自身に報じられた
  • 佳子さまはオンとオフの“切り替え上手”な一面をこれまでにも見せてこられたという
  • 19年のダンス発表会ではヒョウ柄の耳や尻尾をつけてネコになりきる演目もあったとか

佳子さま ダンスレッスンにヒョウ柄私服…“エリート同級生”実家をお忍び訪問までに本誌が見たご機嫌なプライベート

佳子さま ダンスレッスンにヒョウ柄私服…“エリート同級生”実家をお忍び訪問までに本誌が見たご機嫌なプライベート

佳子さま ダンスレッスンにヒョウ柄私服…“エリート同級生”実家をお忍び訪問までに本誌が見たご機嫌なプライベートの画像

“同級生エリート歯科医”との交際を本誌が報じた秋篠宮家の次女・佳子さま

お相手は、東京の北西部にある住宅街で、デンタルクリニックを経営する院長の長男。佳子さまとは学習院初等科の同級生で、高等科を卒業後は有名私立大学の歯学部に進学。現在は別の大学の歯学部に入局し、治療技術を磨きながら家業を手伝っている。

本誌は7月6日、佳子さまがクリニックをお忍びで訪問される姿をキャッチ。佳子さまは2時間半ほど滞在され、院長夫妻に見送られながら、満面の笑みでワンボックスカーに乗り込まれたのだった。

同月には約3年ぶりとなる地方ご公務で、北海道恵庭市で開催された「全国都市緑化祭」に出席されるなど、精力的にご公務に励まれる佳子さま。その一方で、ご自身のプライベート時間も大切にされるというオンとオフの“切り替え上手”な一面は、これまでも見せてこられた。

国際基督教大学在学中の’18年10月、本誌はショッキングピンクのニットを黒のワイドパンツにタックインし、大学の帰り道にコンビニに立ち寄られる佳子さまのお姿をキャッチ。足元はコンバースと思われるキャンバススニーカーで、ご公務では着用することのないメガネをかけられていた。

別の日にも、キャメル色のライダースジャケットを召され、足元にはレオパード柄のパンプスでコンビニに立ち寄られていた。リラックスされた様子で店内をご覧になると、ネット上で音楽などを購入できるiTunesカードを手にレジへ。精算を終えた佳子さまは顔をほころばせながら、30代後半とおぼしき男性皇宮護衛官の元へ駆け寄られていた。

同年の12月中旬には、授業を終えて車で大学を出発される佳子さまをキャッチ。1時間ほどかけてたどり着いたのは、郊外の小さな公民館。佳子さまは密かに、この公民館でダンススクールのレッスンを受けていられたのだ。この日、午後5時ごろに到着された佳子さまは、4時間以上も練習に打ち込まれていた。

さらに本誌は、’18年9月にスクールが主催したダンス公演のDVDを入手。そのDVDには、佳子さまの意外なお姿も収められていた。HIPHOPダンスのチームでは、ストリートファッションで登場され、マイケル・ジャクソンの楽曲『ハートブレイカー』のビートに合わせて、軽快なステップを披露された。100人以上の観客の前で合計6曲を踊られた佳子さまは、フィナーレでは満面の笑みを見せられていた。

そして’19年10月初旬にも、東京都内の市民ホールで開かれたダンスの発表会に“お忍び出演”された佳子さま。ある女性観客は、佳子さまのパフォーマンスについてこう語っていた。

「“ヘソ出し”のノースリーブ衣装や、ヒョウ柄の耳や尻尾をつけてネコになりきる演目もありました。また、生バンドの演奏に合わせて即興のダンスを披露するコーナーでは、佳子さまは自信満々にステージ前方に躍り出て、高速ステップを披露されました」

佳子さまの溌剌としたお人柄は、ご公務・プライベートを問わず、多くの人々をとりこにしているようだ。

関連記事(外部サイト)