岸田首相 森保監督に祝福電話しただけで「政治利用」「減税しろ」の火だるま…露呈した致命的な低支持率

岸田首相 森保監督に祝福電話しただけで「政治利用」「減税しろ」の火だるま…露呈した致命的な低支持率

日本代表祝福も首相火だるま

岸田首相 森保監督に祝福電話しただけで「政治利用」「減税しろ」の火だるま…露呈した致命的な低支持率

岸田首相 森保監督に祝福電話しただけで「政治利用」「減税しろ」の火だるま…露呈した致命的な低支持率の画像

森保一監督と田嶋幸三JFA会長に、直接電話をしました。日本国民に勇気と元気をもらいましたと感謝と祝意を伝えました。改めてW杯リーグ突破おめでとうございます。決勝リーグも期待しています。がんばれ日本!》

12月2日、Twitterにこう綴ったのは岸田文雄首相(65)だ。

この日、「FIFAワールドカップ カタール大会」1次リーグの第3戦で強豪スペインと対戦した日本代表。前半は0-1で苦しい展開となったが後半3分、堂安律選手(24)がペナルティーエリアの外から左足を振り抜いてミドルシュートを決めた。

そして6分にも三笘薫選手(25)のゴールラインぎりぎりからの折り返しに、田中碧選手(24)が身体ごと押し込んでゴール。その結果、逆転勝利を収め、その劇的な試合運びは“ドーハの奇跡”とも評されている。

サッカーファンが勝利の歓喜に沸くなか、森保監督と田嶋会長に祝福の電話を入れた岸田首相。さらに、ツイートにはその様子を収めた動画もアップされており、Twitterでは《私達の感謝と祝意も伝えていただきありがとうございます!》《岸田さんありがとう》《親しみ湧くな絶対この人いい人だよね》との声が上がっている。

いっぽうで、こんな批判の声も後を絶たない。

《サッカー日本代表は健闘しましたね。日本の代表は検討し続けてますが》
《そんなアピールするなら、まずは自身の疑惑の説明や消費税減税をしなさいよ》
《スポーツを政治利用しないで下さい》

■辞任ドミノに続いて、自身の公選法違反疑惑…支持率は30%に

これも、支持率の低さゆえかもしれない。11月21日、ANNの世論調査によって支持率が政権発足以来、最も低い30.5%であると発表された。

「7月に起こった安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件を機に、“統一教会と自民党議員の関係”取りざたされていますが、岸田総理は党や教団に対して踏み込んだ対応をしているとは言い難い。また9月には『開催について説明が不十分だ』との声が多数上がるなか、安倍元首相の国葬が行われました」(全国紙記者)

さらに現在、辞任ドミノが続いている。10月24日、旧統一教会との関係が次々と報じられた山際大志郎議員(54)が経済再生担当大臣を辞任。続いて11月11日、自民党議員のパーティで「法務大臣は死刑のはんこを押す地味な役職」と発言した葉梨康弘議員(63)が法務大臣を降り、同月20日には不適切な政治資金収支報告書を提出するなど、いくつもの“政治とカネ問題”が指摘されていた寺田稔議員(64)も総務大臣職の辞表を提出した。

そして同月22日には、岸田首相の“公選法違反疑惑”も報じられた。「文春オンライン」によると、岸田首相は昨年10月の衆院選に関する選挙運動費用収支報告書に、宛名も但し書きも空白の領収書を94枚添付していたという。

24日、記者団の取材に応じた岸田首相は「添付書類の記載に一部不十分な点があったことについて、今後このようなことがないように事務所に指示を出したところであります」と説明。選挙運動に関する支出は「適正だった」とした上で、「出納管理者の確認漏れ」だと回答した。ところが、この説明にネットでは「まるで他人事だ」との批判が相次いでいた。

■杉田水脈政務官という火種 岸田首相は「適材適所」と擁護

日本が円安や物価高に喘いでいることも支持率低下の要因だ。

「岸田総理は昨年9月の自民党総裁選にあたって、政策集に『成長と分配の好循環に向けた政策を総動員』と記し、その一つとして枠外に『金融所得課税の見直しなど1億円の壁の打破』と記載していました。

現在、所得が増えるにつれて所得税の負担が増えるにもかかわらず、所得が1億円を超えるあたりから、逆に負担の割合が軽減されています。『金持ち優遇だ』との指摘もあり、“1億円の壁”が問題視されています。そこで総理は『打破する』と銘打ちましたが、就任後の10月に一転。『金融所得課税の見直しは当面考えていない』と話しました。

また10月26日には『政府税制調査会』が開いた総会で、自動車の走行距離に応じた課税、いわゆる“走行距離課税”などの検討がスタート。来年10月からはインボイス制度も始まる予定で『どれだけ税金をとるんだ』と世論では怒りの声が相次いでいます」(金融担当記者)

そんななか、杉田水脈総務政務官(55)も岸田政権の“火種”となっている。

これまで雑誌「新潮45」’18年8月号で「LGBTのカップルは生産性がない」と寄稿し、11月30日の参院予算委員会では、過去にブログでアイヌ民族などを侮辱していたことも取り上げられた杉田政務官。杉田政務官は12月2日にこれらの発言について謝罪したものの、続投させる意向を示している岸田首相の姿勢を問う声も少なくない。

日本代表を祝福しただけでも、火だるま状態の岸田首相。支持率を取り戻すために、これからどう挽回するのだろうか?

関連記事(外部サイト)

  • 21

    コリア自身も懲りないなあw

  • 20

    ↓ほなまあ、総理大臣ということで。ネクストキャビネットのね。

  • 19

    杉田水脈総務政務官くらいのお仕事だったら僕にも出来るよ。  都立正常小学校 児童会長:青井山脈

すべてのコメントを読む