"世界最小"268グラムの男児が慶應大学病院を退院 289グラムだった女児は今年20歳に

記事まとめ

  • 2月20日に、体重268グラムの男の子の赤ちゃんが慶應大学病院を退院した
  • 誕生した男の子は、男児のなかでは"世界で最も小さく生まれた赤ちゃん"だったという
  • 1999年に289グラムで出生した本山幸香さんは、今年6月には20歳の誕生日を迎える

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております