天皇陛下の大変すぎるお引っ越し 前回は2tトラック100台分

天皇陛下は退位後、高輪皇族邸で仮住まい 前回の引越しでは2トントラック約100台分

記事まとめ

  • 天皇陛下は退位後の約1年半は品川区の高輪皇族邸に仮住まいされることになっている
  • 両陛下の前回のお引っ越しは93年12月で、荷物は2トントラック延べ約100台分
  • 陛下の研究関係の資料や両陛下の蔵書、ご家族の思い出の品など、かなりの量になるとも

天皇陛下の大変すぎるお引っ越し 前回は2tトラック100台分

天皇陛下の大変すぎるお引っ越し 前回は2tトラック100台分

天皇陛下の大変すぎるお引っ越し 前回は2tトラック100台分の画像

新元号「令和」も決定し、天皇陛下が退位される4月30日まで2週間あまりとなった。退位後の約1年半は品川区の高輪皇族邸に仮住まいされることになっている。

高輪皇族邸は’73年に高松宮邸として建てられた。鉄筋コンクリート造りの地下1階、地上1階建て。高松宮妃喜久子さまが’04年に亡くなられるまで住まわれていたが、その後は空き家になっていた。

「仮住まいの期間に、現在は皇太子ご夫妻がお住まいになっている赤坂御用地の東宮御所が改修されます。両陛下は’20年末までにその東宮御所に引っ越しされる予定です。改修後の東宮御所は、退位した天皇の住居として『仙洞御所』と改称されます」(宮内庁関係者)

高輪皇族邸では改修工事が進むが、両陛下は「リフォームは最小限に」と希望されていた。

「両陛下はできるだけ現状のままお住まいになりたいとおっしゃったそうです。国民の負担を極力少なくしたいというお考えなのでしょう。計画されていた運動場や陛下の魚類研究施設も、両陛下のご意向で取りやめになりました」(皇室ジャーナリスト・山下晋司さん)

両陛下は引っ越されてから、運動のために皇居の多目的ホールに通われる予定だという。高輪皇族邸は高いビルに囲まれた土地なので、目隠しのための植林が進められている。ほかに邸内の空調設備の取り換えや屋根の防水などが主な改修工事だ。当初約8億4千万円だった予算は、5億円台半ばまで縮小された。

「ご退位までお忙しい日々が続きますが、両陛下はお時間を見つけられては私物を確認されているそうです」(宮内庁関係者)

皇居からのお引っ越しは大規模なものになるようだ。両陛下の前回のお引っ越しは’93年12月。赤坂御所(現在の東宮御所)から吹上御苑に新築された御所に移り住まれたが、その際に運び出された荷物は2トントラック延べ約100台分。引っ越し全体の予算は約4千万円だった。

「陛下のご研究関係の資料や両陛下の蔵書、ご家族の思い出の品など、かなりの量になるはずです。最終的なお住まいとなる現在の東宮御所に倉庫が新設されます。そちらに直接運び込むもの、仮住まいの高輪皇族邸に運び込むもの、この仕分けなどもされているでしょう」(山下さん)

関連記事(外部サイト)