雅子さまが誓う「令和の奮闘」美智子さまの思いを受け継いで

雅子さまが誓う「令和の奮闘」 美智子さまの思いを受け継ぎ“世界に愛される皇后”へ

記事まとめ

  • 雅子さまは環境破壊や貧困に関心を持ち、"世界に愛される皇后"を目指されているという
  • 26年間にわたり美智子さまのなさりようをずっとご覧になって、思いが変わってきたとも
  • 今年から皇后として「全国赤十字大会」に立たれ、美智子さまに“令和の奮闘”を約束か

雅子さまが誓う「令和の奮闘」美智子さまの思いを受け継いで

雅子さまが誓う「令和の奮闘」美智子さまの思いを受け継いで

雅子さまが誓う「令和の奮闘」美智子さまの思いを受け継いでの画像

昨年12月9日、雅子さまは55歳の誕生日に際してのご感想文書にこう記された。

《地球温暖化や環境汚染など、国際社会が一致して取り組む必要のある課題が多岐にわたっています》

《このかけがえのない地球を健全な形で将来の世代に引き継いでいくために、私たちが何をすべきなのか、それぞれが真剣に考えていくことが必要な時代になっているのではないかと感じます》

国際親善を目指された雅子さまだったが、この15年で海外訪問の機会はわずかに3回しかなかった。そのうち1回はご療養のためのオランダ訪問だ。それでも、雅子さまは世界の環境破壊や貧困に関心を持ち続け、専門家のご進講も皇太子さまとそろって受けられてきた。雅子さまは“世界に愛される皇后”も目指されているのだ。

ただ、雅子さまの思いは皇室に入られた26年前とは少し違うと語るのは宮内庁関係者。

「いちばんの違いは、26年間にわたり美智子さまのなさりようをずっとご覧になってきたことです。被災地への激励、戦地での慰霊をはじめ、美智子さまは国民に寄り添う心を常に一つ一つのお言葉やお気遣いで体現されてきました。皇后として、天皇を支える立場として、国民のためにできることは何か――。雅子さまは皇后になる日を見据えて、誰よりも真剣に悩み、考えてこられたはずです」

皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんも、雅子さまへの期待を語る。

「美智子さまは、子や孫の世代に戦争体験を継承していくことで、平和の大切さを訴えてこられました。雅子さまは戦争を経験した世代ではありませんが、その思いを皇太子さまとともに受け継いでいかれると信じています」

昨年、雅子さまが15年ぶりに出席された「全国赤十字大会」では、最後の場面で美智子さまが雅子さまの腕をとり、会場に紹介された。皇后にとって唯一の役職である日本赤十字社名誉総裁の“バトンタッチ”が話題になった。今年の大会は、雅子さまが新皇后になられた直後の5月中に開かれるとみられている。

「今年から皇后としてその場所に立たれる雅子さまは、美智子さまに“令和の奮闘”を約束されていることでしょう」(宮内庁関係者)

4月に刊行された「水問題」についての講演をまとめた著書『水運史から世界の水へ』(NHK出版)の序章に、皇太子さまはこう記されている。

《私の水に対する関心に、いつも理解と協力をしてくれている妻の雅子にも感謝の気持ちを伝えたいと思います》

固い絆で結ばれた令和の御代の天皇陛下と、愛子さまとともに……。雅子さまは新時代の“愛される皇后”を目指される。

関連記事(外部サイト)