小室圭さん試練の4年間…山口真由が語る弁護士へのハードル

小室圭さん試練の4年間…山口真由が語る弁護士へのハードル

小室圭さん試練の4年間…山口真由が語る弁護士へのハードルの画像

令和へと持ち越された、眞子さまと小室圭さんのご結婚延期問題。元財務官僚で日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんは、お二人の結婚に「条件付き賛成」だという。その理由とは?

眞子さまはICU(国際基督教大学)で自分の意志で人生を切り開いていくことを学ばれ、5年間の交際期間を経て婚約内定会見までされました。それが突然ひっくり返ってしまったわけですから、大変ショックを受けられたと思います。

ただ、恋愛感情だけでは成り立たないところが、恋愛と結婚の違いです。結婚というのは家と家との関係が大事だという感覚が強く残っているのも現実。親の援助がないと生活していけない状況での結婚であればなおさらです。

私も35歳ですから親としての視点に寄せて考えてしまいますが、ご婚約に反対されている秋篠宮ご夫妻も、お子さまのためを思って発言されていると思います。小室さんの将来設計は、たいへん不安を覚えるものだからです。

小室圭さんは現在、アメリカのフォーダム大学に留学中で、ニューヨーク州の弁護士資格取得を目指して勉強中だといいます。

一般的には、外国の弁護士資格を活かして日本で働くためには、外国法事務弁護士に登録しなければなりません。そのためには2年間の海外実務経験が必要です。

小室さんがロースクールを修了するのは2年後の予定なので、少なくともあと4年間は海外生活が続くのです。その間はかなり忙しいので、日本に帰国する暇はほとんどないでしょう。

今後2年間の予定とされているJDコースも非常に多忙です。夏休みには普通、法律事務所へインターンします。これが事実上、就職試験の一環となるのです。面接を受け、インターン先で働く中で、自分がいかに魅力的な人材であるかアピールしていかなければなりません。英語をネイティブで話す人たちとの競争は、日本人にとっては厳しい戦いです。

当然ですが、夏休みだからといって休むことはできません。実務をこなしつつ勉強を続けることになり、恋愛関係を維持するのもままならなくなります。JDコースに進んだ人はだいたい彼女と別れるか離婚するという話もあります。

この難関をくぐり抜けたうえで、さらに2年間法律事務所での実務経験を積み、やっと日本へ帰国することができるのです。

私は「条件付きで賛成」といたしますが、小室さんが眞子さまと結婚するには、4年後に日本で活躍できる国際感覚のある弁護士になっていることが条件ではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)