「お寺は貸スタジオじゃない」奈良の有名寺が紅葉マナー違反客に怒り…竹灯篭が破損される被害も

奈良県の古刹・岡寺が紅葉シーズン中のマナー違反客に怒りの投稿 怒りの声など相次ぐ

記事まとめ

  • 紅葉の名所としても知られる奈良県の古刹・岡寺がXを通じて被害を訴えた
  • マナーの悪い参拝客が迷惑行為をやめず、LEDライトや小型竹燈籠も持ち去られたという
  • 「いい大人が恥ずかしい」など、怒りの声や残念がる声が相次いでいる

「お寺は貸スタジオじゃない」奈良の有名寺が紅葉マナー違反客に怒り…竹灯篭が破損される被害も

「お寺は貸スタジオじゃない」奈良の有名寺が紅葉マナー違反客に怒り…竹灯篭が破損される被害も

「お寺は貸スタジオじゃない」奈良の有名寺が紅葉マナー違反客に怒り…竹灯篭が破損される被害もの画像

暑さが和らぎ、ようやく秋めいてきた11月下旬。全国の紅葉名所が活気づきはじめているが、とある寺院の“注意喚起”が注目を集めている。

《昨日の夜間拝観で破損した竹灯籠や手水舎水受け。他にもLEDライトや小型竹燈籠が持ち去られました》

11月26日、Xを通じてこう被害を訴えたのは奈良県明日香村にある“日本最初の厄除け霊場”の「岡寺」。およそ1300年前に創建され、紅葉の名所としても知られる古刹だ。

「岡寺では境内を囲むように木々が自生しており、シーズンになると三重宝塔の周辺や参道では“紅葉のトンネル”を楽しむことができます。明日香村では数少ない紅葉の名所であり、幻想的な景観に全国各地から観光客が訪れます。カラフルなビー玉が敷き詰められた『玉彩手水』も、SNS映えするとして人気を集めているようです」(旅行会社関係者)

そんな岡寺では11月23日~26日の間、17時~20時半まで「もみじ回廊 光の巡礼 紅葉ライトアップ」を実施。なお公式サイトでは注意事項として、《三脚類(一脚含む)の使用禁止》《照明・フラッシュなどを用いたモデル・ペットの撮影・撮影会の禁止》と明記されていた。

しかしマナーの悪い参拝者もいたといい、岡寺は冒頭のように投稿。添えられた写真には壊れた手水舎水受けだけでなく、竹灯籠に彫ってあった「岡寺」の文字が一部破損していることが確認できる。

岡寺は《何度注意しても迷惑行為をやめなかったり、他の参拝者に邪魔だ早く行け!などと暴言を放つ非常にマナーの悪いカメラを持った者が数名いました》とも明かしており、《お寺は貸スタジオではありません》と警告を促した。

続く投稿では、《小さなお子様を連れたご参拝の方も非常に多く、ふいに触って壊れてしまう事もありそれは仕方のない事ですが》と前置き。その上で《どう考えても大人の力でしか破損しないものがありました。また自らの写真欲から他者を顧みない迷惑行為などもっての外です。何卒マナーを守ってご参拝下さいますようお願い申し上げます》と、呼びかけている。

決められたルールを無視してまで撮影を行い、寺の備品を壊すといった一部参拝者の“悪マナー”。岡寺の呼びかけに、怒りの声や残念がる声が相次いでいる。

《これは酷い》
《いい大人が恥ずかしい》
《厄除けといえば岡寺。そんな岡寺でなんて罰当たりな…》
《これは重い罰が下るな……。神社やお寺はただの映え観光スポットでは無いですよ》

関連記事(外部サイト)

  • 2

    元来、日本は性善説。 例えば、「触るな」と書いてあれば触らないし、「入るな」とあれば入らない。 一方、西洋は性悪説で、「触るな」とか「入るな」とあれば、逆に触ったり入ったりしたくなるのが人というもの。 だから、物理的に触ったり入ったりできないようにするのが必然。 様々な人が来場する訳だから、今後は警備を増やすなどの対策を取るしかないでしょうね。 経費がかかる分、入館料等は値上げすれば良い。 「そうすると、本当に紅葉を楽しみたい善良な人が損をする」と言われるかもしれないが、それなら記事のようなことがあっても、文句は言わないことでしょう。 そもそも、そういったことをする人は、寺側がSNS等でつぶやいても気にしないでしょうから。

  • 1

    JJに賛成するというわけではないが、今の世の中簡単に盗める状態にしている方が悪いと言う考えの者が多いからね。

すべてのコメントを読む