度重なる水害背景に…10月火災保険料「全国値上げ」の波

10月から火災保険料の大幅な値上げ実施 ゲリラ豪雨や台風による水害被害多発が影響か

記事まとめ

  • この10月から、全国的に火災保険料の大幅な値上げが実施されるという
  • ゲリラ豪雨や台風などによる水害、豪雪の被害が多発していることが影響しているそう
  • これまで保険金の支払いは4,000億円前後だったが、18年度には1兆円を超える見込み

度重なる水害背景に…10月火災保険料「全国値上げ」の波

度重なる水害背景に…10月火災保険料「全国値上げ」の波

度重なる水害背景に…10月火災保険料「全国値上げ」の波の画像

「この10月から、全国的に火災保険料の大幅な値上げが実施されます。それは、損害保険会社が保険料算出の基準にする『参考純率』が、平均5.5%引き上げられたためです」

そう語るのは、「保険相談サロンFLP用賀SBS店」所属で、ファイナンシャルプランナーの佐藤和士さん。建物や家財を守る火災保険。火事だけでなく、台風による窓の破損や床上浸水、雪の重みによる屋根の倒壊など、風災や水害、雪害も補償対象だ。

住まいを守るために欠かすことのできないこの保険が値上がりした要因は、’18年5月、「参考純率」が4年ぶりに見直されたこと。

火災保険の保険料は、「損害保険料率算出機構」が決めた「参考純率」をもとにして、保険会社が個別の状況(経営状況、価格戦略等)をふまえて決めている。そしてこの保険料は地域や、建物構造(マンション・鉄骨造住宅・木造住宅の3種類)、築年数、補償内容などによって異なる。

今回、「参考純率」が最も大きく引き上げられたのは鹿児島県のマンション。その改定率は40.1%と、平均を大きく上回っている。引き上げの背景を、佐藤さんは次のように話す。

「近年、ゲリラ豪雨や台風などによる水害、豪雪の被害が多発し、保険金の支払いが急増していることが影響しているでしょう。これまで保険金の支払いは4,000億円前後だったのですが、’18年度には1兆円を超えてしまう見込みです」

参考純率は’14年にも改定されているが、それ以降も大規模な雪害や水害が起こっている。九州を中心に襲った’15年の台風15号、記録的な暴風や猛烈な雨で被害をもたらした’18年7月の西日本豪雨……。とくに’18年9月の台風21号は大阪府をはじめとした地域が甚大な被害を受け、保険金の支払いは過去最高額の9,698億円に。

莫大な保険金額を今後も支払うことを予想し、民間の各保険会社は値上げのプランを明らかにしている。東京海上日動の火災保険を例にとってみよう。次の都道府県、建物構造に当てはまる住居は、30%以上の値上げがなされる。

■栃木県、群馬県、富山県、石川県、山口県、九州7県、沖縄県のマンション
■山形県、栃木県、群馬県、山口県、熊本県、鹿児島県の鉄骨住宅
■熊本県の木造住宅

佐藤さんが続ける。

「三井住友海上は築年数が10年以上の場合、大幅に値上げされることがほとんど。ただし、木造住宅はほか2つの建物構造と比べ、上昇率が据え置かれている印象です」

関連記事(外部サイト)