生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も

生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も

生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見もの画像

11月22日に大阪市にある百貨店・大丸梅田店5階にオープンした新たな売り場『michi kake(ミチカケ)』で、試験的に導入している「生理バッジ」が物議を醸しだしている。「生理バッジ」とは任意で従業員が名札の位置に着けることで、生理中であることを周囲に示すプレート。小山健氏の漫画『ツキイチ!生理ちゃん』とのコラボで、生理痛の原因を擬人化したキャラクター「生理ちゃん」がバッジに描かれている。

25日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)でも「生理バッジ」の賛否について取り上げられた。番組取材によると、店側は「女性の社会的進出も含めて、女性の悩みも多様化している。女性の悩みに応えられるような売り場を作りたい」と趣旨を説明。「月経カップ」といった最新の生理グッズを扱っている同売り場。生理の理解を深めるために若手社員が発案したのがきっかけだという。「バッジを着けることで、従業員同士の気遣いといったポジティブな行動につながるのではないか」という“働きやすさ”を意図して試験的導入に至ったとのこと。

従業員からは「これまで職場でできなかった生理の話ができるようになったことが大きな1歩」などポジティブな意見が上がったという。いっぽうでSNSでは《周知させることに意味ある?》といった否定的な意見や、《生理について考えるきっかけになるから良いと思う》といった意見が広がっている。

そんななか、同番組は「生理バッジ」の賛否について年代別で女性に街頭調査を実施。賛成意見とする複数の20代女性が紹介されたいっぽうで、ある40代女性は「生理があるから何か許してほしいとか、体調悪いのを気遣ってほしいといった甘えを感じる」とし、「上の世代からすると、生理でも頑張って働いてきたので積極的に(バッジを)受け入れるのは微妙」と発言。この発言によって、SNSではさらに議論が波及した。

《40代女性が生理で仕事休むのは甘えてるみたいなこと言ってたけど、1番の敵はこんな事言う女性よね。自分達が頑張ってたから下の世代も頑張るべきとか考え方おかしいって思わないのかな? 改善していこうって気持ちにならんのかな? 同じ女性なのにわかってもらえないのが悲しいよね》
《生理バッジ導入の賛否が色々あるのは当然だけど、40代の人が「上の世代は生理痛で辛い時も我慢してきた、生理だからっていうのは甘えだと思う」みたいなこと言っていて、世の中がよい方向へ変わろうとする時にこういう人がいると結局何も変われないんだよなぁと思った》
《生理バッチは要らんけど、40代女性の「私たちだって辛くても頑張ってきたんだから、それは甘えだと思う」は全く共感出来ない。 自分が辛かったら若い子達にはもっと快適に過ごして欲しいよ。自分が大変だったから皆我慢しろなんてナンセンス》

このような世代間による意識の違いについて、女性に関するテーマを研究する田中ひかる氏(49)は番組内でこう見解を語った。

田中氏と同じ世代の女性は「生理用品が充実していなかったために日常生活で生理中であると気付かれやすく、生理に関して恥ずかしい思いを抱いている年代」とし、「現代の20代女性は優れた生理用品が充実しているため、周囲に気付かれにくく恥ずかしいという意識が低下している」と世代間意識の差を指摘した。

個人差も千差万別で多くの女性が抱える生理の悩み。「生理バッジ」が登場したことで世代間の意識が異なることも露わになったことは確か。まだまだ議論を呼びそうだ――。

関連記事(外部サイト)