眞子さま 来年2月に「結婚宣言」へ…秋篠宮さまは“白旗”か

眞子さまと小室圭さんの結婚延期から来年2月で丸2年 秋篠宮さまはは「白旗」か

記事まとめ

  • 眞子さまと小室圭さんの結婚が「再来年に延期」と発表されてから、来年2月で2年となる
  • 秋篠宮さまは54歳の誕生日に「何らかのことは発表する必要がある」と発言
  • 関係者は「結婚問題について"白旗"を上げられたものといっても過言ではない」と語った

眞子さま 来年2月に「結婚宣言」へ…秋篠宮さまは“白旗”か

眞子さま 来年2月に「結婚宣言」へ…秋篠宮さまは“白旗”か

眞子さま 来年2月に「結婚宣言」へ…秋篠宮さまは“白旗”かの画像

眞子さま小室圭さんの結婚が「再来年に延期」と発表されてから、来年2月で丸2年がたつ。大きな節目を前に、秋篠宮さまからは意外なメッセージが――。

《この次の2月で2年たつわけですね。やはりその、昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております》

秋篠宮さまは11月30日に54歳となられ、誕生日に際しての記者会見でそう述べられた。

’18年の2月、眞子さまと小室さんは「私たち」という主語を使って、お気持ちを記した文書を発表された。秋篠宮さまは、2年前と同じように眞子さまご自身が“今のお気持ち”を発表するように促したのだ。宮内庁関係者が声を潜める。

「秋篠宮さまは本心では、この結婚に強く反対されています。眞子さまが『結婚を諦める』と発表してくれることを願っておられるでしょうが、眞子さまのお気持ちはまったく変わっていないようです。2年前の文書以後、結婚問題に沈黙を貫かれてきた眞子さまが、変わらぬ思いを“肉声”で発表されるとしたら、この結婚は、一気に実現の方向に動きだす可能性が高いと思います」

2年前の眞子さまの文書には、このように記されていた。

《皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました》

つまり、ご自分たちの意思で延期を決めたと表明していたのだ。その“再来年”となるのが’20年だ。延期から2年、眞子さまが「充分な準備を行った」「小室さんと結婚したい、これ以上延期したくない」という強い意志を明らかにされたとしたら、秋篠宮さまが結婚を“阻止”することは、はたしてできるのだろうか? 象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんは「大変難しい」と話す。

「平成の天皇によって、結婚への『裁可』が出ている以上、秋篠宮さまがそれを『NO』と言うことは難しいのです。ですから、当時も破談のような形ではなく、延期という形態を取るしかなかったのだと思います。眞子さまが結婚の意思を公式に表明された場合、秋篠宮さまがそれを妨げるような働きかけをされたら、眞子さまの自由な意思を阻害することにもなります。恋愛や結婚においても皇族の自由を尊重してきた皇室の歩みとも、齟齬が生じてしまいます」

日本国憲法第24条には《婚姻は、両性の合意のみに基いて成立》と記されており、秋篠宮さまご自身も憲法を尊重する姿勢を示されてきた。

「会見や文書の公表を阻止するどころか、眞子さまのお気持ちに結論を委ねたということは、秋篠宮さまが小室さんとの結婚問題について“白旗”を上げられたものといっても過言ではないと思います」(前出・宮内庁関係者)

関連記事(外部サイト)