山口敬之氏の発言が偏見と物議「腹が立つ」「呆然とした」

山口敬之氏「性暴力の被害者は『会見の場で笑ったりはしない』と証言してくださった」

記事まとめ

  • 山口敬之氏が、ジャーナリスト・伊藤詩織氏の民事訴訟を受け、会見を開いた
  • 山口氏は「性暴力の被害者は「絶対に会見の場で笑ったりはしない」と証言」と話した
  • これに、「女性に対して、なんて愚かなことを言っているんだと、腹が立つ」と非難の声

山口敬之氏の発言が偏見と物議「腹が立つ」「呆然とした」

山口敬之氏の発言が偏見と物議「腹が立つ」「呆然とした」

山口敬之氏の発言が偏見と物議「腹が立つ」「呆然とした」の画像

ジャーナリスト・伊藤詩織氏(30)が元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)に起こした民事訴訟。その判決が12月18日に下され、東京地裁は山口氏に330万円を支払うように命じた。のちに山口氏は会見を開いたが、その発言が物議を醸している。

テレ東NEWSの公式YouTubeアカウントには、会見の様子がアップされている。「判決内容にはまったく納得できません」と話した山口氏。伊藤氏と性行為に及んだ道義的な観点には言葉を濁しながらも「意思に反した性行為は一切していない」と強調している。

そんなやりとりのなか、「MeTooなどの社会的な流れをどう思いますか」との質問に山口氏は「性被害を受けた方が訴えるのは当然の権利」と語った。しかし「伊藤さんは性犯罪被害者ではありません」「私の所にも性犯罪を受けたといってご連絡をくださる方が複数。お目にかかった方もおります」と話し、こう続けている。

「本当に性被害に遭った方は『伊藤さんが本当のことを言ってない。こういう記者会見の場で笑ったり上を見たり、テレビに出演して、あのような表情をすることは絶対ない』と証言して下さったんです」

さらに伊藤氏が世界的に露出を続けることによって「性被害に遭った方が『嘘つきだと言われる』といって出られなくなっているのだとすれば、非常に残念なことだと思います」と結んだ。

性暴力の被害者は「絶対に会見の場で笑ったりはしない」という証言があったと明かした山口氏。しかしその客観性の乏しい証言に対し、非難の声が上がっている。

《被害に遭っても頑張って前向きに生きていこうとしている女性に対して、なんて愚かなことを言っているんだと、ただただ腹が立つ》
《性被害にあったら、暗く俯いて隅っこで暮らしとけ、とでも言いたいのか? すごいな》
《じゃあ山口氏は、妻子がいるアラフィフ男性なのに20代女性と性的な関係を持った人らしく、申し訳なさそうな顔していてくださいよ。妻子側から見たら、合意があろうがなかろうが、あなたのやったことは不貞行為で妻子に対する裏切りであることに間違いないでしょ》
《心の根底にある深い深い差別意識に触れた気がして呆然とした》

関連記事(外部サイト)