ライブハウスは原則着席 大阪府の指針は受け入れられるのか

ライブハウスは原則着席 大阪府の指針は受け入れられるのか

大阪はライブハウス原則着席

ライブハウスは原則着席 大阪府の指針は受け入れられるのか

ライブハウスは原則着席 大阪府の指針は受け入れられるのかの画像

新型コロナウイルス感染拡大によって、休業要請の対象となっていたライブハウス大阪府が営業再開に向けて動き出し、注目が集まっている。

大阪府は5月28日、全国でクラスターが発生した施設も含めて6月1日以降に休業要請を全て解除すると発表。カラオケ店やスポーツジム、ライブハウス、ナイトクラブといったクラスターが発生した施設については、独自の感染拡大防止ガイドラインを定めた。業界団体などがガイドラインを発表するまでは、府独自のルールに従うことになるという。

なかでも注目を集めているのがライブハウスだ。大阪府によると「施設内は原則着席」で、それが不可能な場合は「客同士の距離を最低1メートル確保」するという。他にも「ステージと客席の間は2メートル以上確保」「アクリル板や透明カーテンなどで遮蔽」など、飛沫感染を防止する条件が詳細に定められている。

ライブハウスやホールでは、あらかじめ座席を用意している店舗も。だがロックバンドなどのライブでは、スタンディング形式での鑑賞に慣れている人も多いという。そのため、否定的な声が上がっている。

《何が楽しいんだこれ……》
《ライブハウスで着席は、悪いが無しだな! 楽しさが無くなる。ライブハウスは、やっぱりオールスタンディングが醍醐味だからね!》
《スタンディングは当面無理、飛沫拡散対策で仕切るとか違和感ありそうだな》

だがいっぽうで、「原則着席」を受け入れる好意的な声も広がっている。

《ありがたい。落ち着いて曲を聞きたい。ギュギュウ詰めの状態で聞かされても疲れるだけ》
《大賛成! 立ってなくても心はヘドバンしてるから》
《着席でもいいからはやくライブハウス再開して、ライブハウスを潰さないようにしてほしいです》

人気ロックバンド「くるり」のギターボーカル・岸田繁(44)は24日、《ぎゅうぎゅう詰めでツバ飛びまくりお客が押し競饅頭するのが世間一般のライブハウスのイメージ》とツイート。続けて《昔私が磔磔や拾得に通い詰めてた時は、ガラガラの店内でテーブル席に座って、大人しく酒を飲みながらライブを観ていた》と過去の経験と照らし合わせ、《そんなスタイルに戻るのかも知れない》と予想していた。

さかのぼると、2月26日に安倍晋三首相(65)が大規模なスポーツ、文化イベントの中止・延期を要請。そのため、相次いで予定されていたライブやコンサートが見送られた。また同月には大阪市内のライブハウスでクラスターが発生したこともあり、数多くの店舗が休業を余儀なくされていた。

「クラスターが発生した業種にとって、営業再開は高いハードルとなっています。停滞してしまった音楽業界を救うため、寄付やドネーションも盛んに行われました。ですが政府や自治体からの補償も足りず、すでに閉店したライブハウスも。経営者からは営業再開に向けて、『ガイドラインを示してほしい』という声が上がっていました。『原則着席』に賛否はあるものの、“アフターコロナ”に向けた大きな一歩ではないでしょうか」(音楽関係者)

産経新聞によると、国のガイドライン策定は6月中旬以降になる見通しだという。今後、ライブハウスはどんな形になっていくのだろうか。

関連記事(外部サイト)