妻立たせ食事…岸田政調会長炎上に妻が反論「風呂掃除は夫」

岸田文雄政調会長がTwitterに夫婦写真を投稿も炎上 妻の裕子さんが反論

記事まとめ

  • 岸田文雄政調会長がTwitterに夫婦写真をアップしたところ、批判が殺到した
  • 岸田氏の妻・裕子さんがその時の状況について語り、反論している
  • 妻・裕子さんは「主人は家では家族への気づかいもしてくれる」と語っている

妻立たせ食事…岸田政調会長炎上に妻が反論「風呂掃除は夫」

妻立たせ食事…岸田政調会長炎上に妻が反論「風呂掃除は夫」

妻立たせ食事…岸田政調会長炎上に妻が反論「風呂掃除は夫」の画像

「初めて会った瞬間、『私、この人と結婚するんじゃないかな』と思ったんです」

そう語るのは、岸田文雄政調会長(63)の妻・裕子さん(56)だ。

衆議院議員だった父・文武さん(享年65)の跡を継ぎ、広島県広島市を地盤とする岸田政調会長。

いっぽう裕子さんの実家は、かつて広島県三次市で造酒業や銀行業を営んでいた旧家。2人の出会いはお見合いだったが、当初から“縁”に恵まれていた。

「まず祖母同士が同級生で、友人同士だったのです。主人の祖父や父のこともとても人柄の良い人だと聞いていました。だから、不安はありませんでした」

さらに岸田政調会長は、故・宮澤喜一元首相(享年87)と親戚関係にある。父・文武さんの妹が宮澤元首相の弟と結婚していたためだ。実は、ここにも“奇縁”があったという。裕子さんが続ける。

「まだ中選挙区制だったころ、私の実家のある所が宮澤喜一元首相の選挙区でした。そのため実家の一角に、元首相の事務所があったんです」

結婚後、3人の息子に恵まれた岸田夫妻。夫は、東京で単身赴任生活。その間、裕子さんが地盤を守りながら3児の子育てにも奔走してきたという。

「やはり、たいへんでした(笑)。ふだんは父親が家にいない分、厳しく育ててきたつもりです。幼いころはまだ言えばちゃんと理解してくれていましたが、成長するにつれて息子たちも反抗期をむかえますからね。中学や高校になると、だんだん力ではかなわなくなってきます。それでも『ここで引いてはいけない!』と思い、育ててきました」

また岸田政調会長といえば、Twitterの投稿が炎上したことでも話題になった。《妻が食事を作ってくれました》として夫婦写真をアップしたところ、“妻を立たせて夫が食事する構図”に批判が殺到したのだ。だが、裕子さんはこう語る。

「あの日は夜遅く、主人から『テレビ出演中に、20分だけ時間ができた。家に帰ると何か食べるものがあるか』と連絡がきたんです。ただ私たちはすでに食事を済ませていたので、さっと作って出しただけです。家でマスクをしていたのも、テレビ局のスタッフさんが10人くらいいたためです。

ふだんの主人は料理こそしませんが、お風呂掃除などは手際よくやってくれます。忙しい毎日の主人ですが、家では家族への気づかいもしてくれますよ」

結婚から32年。これまでどおり夫婦は“あうんの呼吸”で総裁選に臨む――。

「女性自身」2020年9月22日号 掲載

関連記事(外部サイト)