三原じゅん子副大臣 溺愛する年下秘書夫とすし110貫爆食い

三原じゅん子副大臣 溺愛する年下秘書夫とすし110貫爆食い

三原じゅん子副大臣 溺愛する年下秘書夫とすし110貫爆食いの画像

「困っているときに手を差し伸べることができる“公助”を議論していく。全身全霊を傾ける」

9月23日、晴れやかな表情で初登庁した、三原じゅん子厚生労働副大臣(56)。地味な顔ぶれが並ぶ菅内閣のなか、目玉として登用されたのが彼女だ。政治評論家の有馬晴海さんは、こう語る。

「参院2期目の選挙前、彼女は比例区から神奈川の選挙区に鞍替え。そのとき、面倒をみたのが、地元が地盤の菅総理で、もはや“保証人”です。彼女の結婚式の披露宴にも菅総理は参加していたと聞いています」

三原副厚労相の夫の中根雄也氏(32)はもともと公設秘書だった。

「しかし配偶者を公設秘書にすることは法律で禁じられているため、中根氏は私設秘書に。’16年10月、交際2カ月で再々婚しました。翌年2月、国会会期中に300人を招待した披露宴は、永田町で話題を呼びました」(政治部記者)

前出の有馬さんは言う。

「3度目の結婚でしたから当時も“会期中なのにいまさら披露宴?”と揶揄されていました。三原さんは“旦那はいつでもそばに置いておきたい”人なので、いまも夫を私設秘書にしているのでしょう」

2人のラブラブぶりは、政界きっての“バカップル”との声も。

「24歳年下ゆえ、“夫の母親に間違われたこともある”と苦笑いしながらも、三原さんは“お湯の沸かし方も知らなかった”という中根さんが、かわいくて仕方ないようです」(前出・政治部記者)

昨年2月に放送された『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に夫婦で出演した彼女は「ケンカは一切しない」と明かし、その理由を「これだけ年が離れると……私はすごく母性が強いんです」と笑顔で語っていた。中根氏の実家近所の住民も言う。

「コロナ前は、よく夫婦で実家に顔を見せに来ていたそうです。おじいちゃんが三原さんのことを『料理もうまくて優しくて、気遣いもできて、一歩下がって立ててくれて、本当に素晴らしい人だ』とベタ褒めでしたね」

そんな三原副厚労相は8月、自身のSNSに登場し回転ずし店で皿の山積み写真をUP。

《大食い番組が大好きな主人が触発されて、こんな事になってます(笑)今は色々な物が回って来るのですね。子どものようにはしゃいでしまいました》とコメントしていた。

「この日、夫婦で55皿、110貫のすしを平らげたとか。そのほとんどは旦那さんが食べたそうです。しかし、外食にまだ消極的な消費者も多いのも事実。都内では飲食店の営業時間短縮が要請されていた時期に、爆食の姿を楽しげに公表するのは“政治家として配慮が足りないのでは”と指摘する意見もありました」(永田町関係者)

溺愛する夫や菅総理ばかりでなく、今後は国民の切なる声にもしっかり耳を傾けてほしい――。

「女性自身」2020年10月13日号 掲載

関連記事(外部サイト)