菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判

菅義偉首相の記者会見めぐり記者に批判 渡部建を追及したときの熱意見られぬとの声

記事まとめ

  • 菅義偉首相が就任会見から約3カ月経ってようやく記者会見を行い、多くの人が注目した
  • 首相は事前に伝えられていた質問に答えるのがほとんどで、答えたくない質問は無視も
  • 会見を見た人からは「アンジャッシュ渡部建に質問したぐらい首相にも質問しろ」と批判

菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判

菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判

菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判の画像

12月4日午後6時、総理就任以来、頑なに記者会見を拒んできた菅義偉首相(71)がついに記者会見を開いた。これまでは“合同インタビュー”や官邸内でのぶら下がり質問などには対応してきたが、記者クラブに所属する記者から事前に伝えられていた質問に答えるのがほとんどで、答えたくない質問は無視することも多かった。

新型コロナの感染拡大が止まらないなか、就任会見から約3カ月経ってようやく行われた記者会見に、多くの人が注目したが、ツイッター上ではこんな落胆の声が。

《官僚のペーパーを棒読みしている。総理の本意や決意が伺い知れない》
《え? 菅総理お帰り? もう終わり??》

「国民の命と暮らしを守ると言いながら、コロナによる自殺者数が急増しているのに、なぜ国民の前でこれまで語らなかったのか?」とか「二階俊博幹事長が全国旅行業協会の会長を務めているから、自民党は旅行業業界を優遇しているのではないか?」などの厳しい質問も出たが、菅首相は「官房長官が会見を開いている」とか「旅行業界が地域経済を支えている」とお茶を濁すだけ。出席者が多いことを理由に質問は1人1問と限定されており、質問者もそれ以上の追及をすることはなかった。

その後のスケジュールを理由に、会見はわずか50分で打ち切られたが、記者たちから特に非難の声があがることもなく……。会見を見た人からはこんなツイートが。

《昨日の渡部に質問したぐらい菅総理にも質問しろっ!》
《渡部さんの記者会見に集まった芸能レポーターをそっくり官邸に連れて行って、あの熱意で菅さんに迫ってほしい》

アンジャッシュ・渡部建(48)の謝罪会見は1時間40分にわたった。会見に参加した記者たちは、“質問に答えていない”とか“事実を語っていない”などと渡部を厳しく追求。渡部は脂汗を流しながら、言葉を絞り出していた。

一方、菅首相は会見中、しばしば手元の原稿に目を落としており、あらかじめある程度の質問は記者から伝わっていたとみられる。もちろん、菅首相は謝罪会見を開いているわけではないけど……。

《渡部が不倫をしようが人が死ぬことはないけれど、コロナ禍で死者が出続けている。なんで、渡部はあれだけ厳しく追及できたのに、菅首相のことは追及しないんでしょうか。どっちの問題の方が大切?》

関連記事(外部サイト)