雅子さま 締切ギリギリまで推敲重ね…ご感想4千字に込めた思い

雅子さま 締切ギリギリまで推敲重ね…ご感想4千字に込めた思い

雅子さま 締切ギリギリまで推敲重ね…ご感想4千字に込めた思いの画像

《今年は、特に命の大切さ、尊さについて改めて深く思いを寄せる年になりました》

12月9日、57歳になられた雅子さまが、お誕生日に際してのご感想を文書で公表された。

「ご感想は4千字を超える文量で、コロナ禍の国民を心配するお気持ちが伝わってきました」(皇室担当記者)

ご感想のなかで雅子さまは《新型コロナウイルス感染症により、世界中で、そして日本国内でも多くの方が亡くなっていることに対し、この場をお借りしてお悔やみ申し上げます》と犠牲者を追悼された。

また、《医療に従事される皆さんが、大勢の患者さんの命を救うために、そして、感染の拡大を防ぐために、日夜献身的に力を尽くしてこられていることに、心からの敬意と感謝の意を表したいと思います》と、医療従事者への感謝を述べられている。

コロナ禍の影響についてはほかにも、苦境にある経営者や失業者、偏見に苦しむ感染者の家族や医療従事者の家族、虐待の増加が懸念される子どもたちなど、さまざまな立場の人々に寄り添ったお言葉を綴られていた。さらにはコロナ禍だけでなく、自然災害や東京五輪の延期、上皇ご夫妻や愛子さまのご近況にいたるまで、多岐にわたる話題に言及されている。

「文面が宮内記者会に渡されたのは誕生日前日の夕方でしたが、雅子さまはなんと、8日の午前に報じられた小惑星探査機『はやぶさ2』のカプセル回収成功というニュースにまで言及されていました。雅子さまは、ギリギリまで推敲に推敲を重ねられていたのです」(前出・皇室担当記者)

来年の新年一般参賀は中止が決まっているが、天皇陛下によるビデオメッセージが配信されることが決定。雅子さまの出演も検討されているという。

11月には天皇陛下とご一緒に、病院や高齢者施設へのオンライン訪問をされた雅子さま。《オンラインという方法により、このように国民の皆様との触れ合いの機会を持てることは有り難く、今後ともそのような機会を大切にしていくことができればと感じております》と、リモート活用に積極的な姿勢も示されている。

新年、画面越しであっても両陛下とお会いできることを願いたい――。

関連記事(外部サイト)