「私の悪口ばかり」苦言呈した森会長に「真っ当な批判」の声

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長「私の悪口ばかり」発言に批判殺到

記事まとめ

  • 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長がオンラインで年頭あいさつを行った
  • 森会長は「家内がスマホをみると、私の悪口ばかりだったそうだ」などと苦言を呈した
  • 「悪口ではなく、多くが真っ当な批判」などとネットでは再び批判の声が上がった

「私の悪口ばかり」苦言呈した森会長に「真っ当な批判」の声

「私の悪口ばかり」苦言呈した森会長に「真っ当な批判」の声

「私の悪口ばかり」苦言呈した森会長に「真っ当な批判」の声の画像

1月12日、職員向けにオンラインで年頭あいさつを行った東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)。

各メディアによると、「私が考え込んだり、迷いが出てきたとしたら全てに影響してくる。淡々と進めていく以外にない」と決意を語ったという。7日にも大会開催について「不安はない」と語っていたが、その姿勢は強固なようだ。

いっぽう、新型コロナウィルスの感染状況は全国的に深刻化している。首都圏の1都3県を対象とされた緊急事態宣言は、13日に大阪や愛知など7府県にも拡大。五輪開催まで200日を切っているが、世間ではいっそう危機感が高まっている。

また国民の不安と向き合わず、今夏に五輪を進めようとする森会長に批判の声も広がっていた。

そうした報道を指したのか、森会長は「家内がスマホをみると、私の悪口ばかりだったそうだ。菅さん以上だった。長い人生で初めて」と発言。さらに森会長が首相だった時と比べて、「こんなにひどくなかった」と苦言を呈したという。

「森氏が首相に就任したのは、世界中でインターネットの普及が進んでいた2000年。政府がIT革命に取り組むいっぽう、森氏は『イット革命』『パソコンができない人は日陰』といった失言も多数。後期は“首相が信頼できない”といった理由から、支持率は9%まで下落。あの当時からあまり変わっていないようですね……」(全国紙記者)

五輪開催に対する国民の不安を「悪口」と捉えた森会長。ネットでは再び批判の声が上がっている。

《悪口ではなく、多くが真っ当な批判》
《自身への批判を「悪口」としか受け止められない所に政治家として根本的欠陥を感じる》
《「悪口」と受け止めている段階で論外だ。感染の拡大で収束の目処が立たない中で、具体的な方策を示さず、ただ「不安はない」と脳天気な発言をしているからだ。初期にマスクは不要と言っていた事を皆忘れてはいないぞ》

菅義偉首相(72)は1月7日の会見で、五輪開催の決意について記者から問われると「2月下旬までには何とか(ワクチンの)予防接種をしたい」とコメント。そして、「こうしたことをしっかり対応していくことによって、国民の雰囲気も変わってくるのではないか」と期待を込めた。

森会長も昨年3月、大会延期を受けて「もう駄目だと言われたガンが、新薬で助かったんですよ」と自身の経験を回顧。その上で、「やっぱりそういうことに期待しようじゃありませんか」と呼びかけていた。

共同通信社が9日、10日に実施した世論調査によると、五輪開催を「中止すべき」と回答した人は35.3%。「再延期すべき」の回答は、44.8%にも上ったという。

是が非でも今夏の開催を進める政府。国民の不安に耳を傾ける日は来るのだろうか。

関連記事(外部サイト)