二階幹事長“しどろもどろ”会見に「逆に心配」と不安の声続出

自民党の二階俊博幹事長が記者会見に出席 「弱々しすぎる」として心配の声が相次ぐ

記事まとめ

  • 二階俊博幹事長が記者会見で、菅義偉首相の長男の接待問題について言及した
  • 二階氏は口を開いたまま数秒固まったり、“しどろもどろ”になった場面があったという
  • これまで強気の発言を連発してきた二階氏を心配する声が相次いでいる

二階幹事長“しどろもどろ”会見に「逆に心配」と不安の声続出

二階幹事長“しどろもどろ”会見に「逆に心配」と不安の声続出

二階幹事長“しどろもどろ”会見に「逆に心配」と不安の声続出の画像

2月22日、自民党役員会後の記者会見に出席した二階俊博幹事長(82)。だが、そこで見せた対応が「これまでと違って弱々しすぎる」として心配の声が上がっている。

この日、菅義偉首相(72)の長男による総務省官僚への接待問題について問われると、「事実であれば遺憾なことである」と回答した二階氏。そのうえで、菅政権への影響については「(政権に)何の影響もないというわけには参りませんが、特に影響があるとは考えておりません」と語った。

だが、役員会では「菅首相から接待問題への言及があったのか」と聞かれると、口を開いたまま数秒固まる。すると、そばにいた野田聖子幹事長代理(60)や柴山昌彦衆議院議員(55)らが慌てて二階氏に耳打ちし始めたのだ。その後も、二階氏は「それ言ってくれよ」と、まさかの丸投げ。結局、野田氏が「総理の方からは、息子さんの件でご迷惑をかけて、申し訳ありませんというお言葉がありました」と代弁し、その場を収束させていた。

今回の会見で二階氏が“しどろもどろ”になった場面はこれだけではない。質疑応答の冒頭で、野田氏からマスクを外すよう促されていた二階氏。また、野田氏が資料を指さし、小声で返答内容を教えるといった姿も見られた。

この会見の様子は「TBS NEWS」のYouTubeチャンネルで公開されたもの。

1月にはNHKのインタビューで「いちいちそんな(政府に)ケチをつけるもんじゃない」と発言し、2月にも森喜朗東京五輪・パラリンピック組織委員会前会長(83)の女性蔑視発言について「(森元会長が)撤回を既にしたことだし、問題はない」と回答。強気の発言を連発してきた二階氏。

質疑応答に一人で対応できていない姿を見せたことから、二階氏を心配する声が相次いでいる

《批判する気で二階会見見たが、逆に心配になってしまった…これは本当に引き際なので
は…》
《二階さん大丈夫? なんか体調面心配になってきた》
《二階の会見みて思うのは「政治家は会見中に横から助け船出されるようになったら引退」と。》

関連記事(外部サイト)

×