眞子さまは逆行?上皇陛下が説いた皇族の「ふさわしい生き方」

【眞子さまと小室圭氏の結婚問題】眞子さまはすでに“皇籍離脱”を考え始めているとも

記事まとめ

  • 天皇陛下は誕生日会見で、秋篠宮さまに続き眞子さまに結婚への課題を突きつけた
  • 追い込まれた眞子さまはすでに、“皇籍離脱”という道も考え始めているという
  • 昭和の時代には故・三笠宮ェ仁親王が、宮内庁に皇籍離脱を申し出る騒動があった

眞子さまは逆行?上皇陛下が説いた皇族の「ふさわしい生き方」

眞子さまは逆行?上皇陛下が説いた皇族の「ふさわしい生き方」

眞子さまは逆行?上皇陛下が説いた皇族の「ふさわしい生き方」の画像

「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」

天皇陛下は2月の誕生日会見で、眞子さま結婚への課題を突きつけられた。秋篠宮さまに続いて陛下も「多くの人が納得し喜んでくれる状況」が必要だと明言されたのだ。

「もはや金銭トラブルだけが、小室さんとの結婚を祝福できない理由ではありません。秋篠宮さまや宮内庁長官の要請に応えて、小室さん側がトラブルについて説明したとしても、世論が大きく変わるかどうか……。追い込まれた眞子さまはすでに、“皇籍離脱”という道も考え始めているといいます」(皇室担当記者)

実は、皇室典範第十一条に《年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる》とあり、皇室会議の議を経るといったハードルはあるが、眞子さまは独身のまま皇室を離れることができるのだ。

ちなみに、昭和の時代には故・三笠宮ェ仁親王が「皇族の身分を離れ、身障者問題などに打ち込みたい」として、宮内庁に皇籍離脱を申し出る騒動があった。

このときは皇族方が総出で説得し、ェ仁親王は考えを改められたという。当時、皇太子だった上皇陛下は、この件について、記者会見で次のように話していた。

「やはり、皇族は天皇に一番近い立場にある。要するに、象徴に一番近いところにいるわけですから、象徴にふさわしいような生き方をしなければならないと思うわけです。そして、そういうことによって天皇をお助けしていくのが皇族のつとめではないかと思うわけです。

また、子供達にも、そういうふうに話している。やはり、象徴にふさわしいということは、国民が望む意向に沿っていく、もちろんそういうことも含まれているわけですけれども」

天皇陛下も秋篠宮さまも、上皇陛下の教えを胸に刻んでいたのだろう。“国民が望む意向”とはますます逆行されている眞子さま。小室さんとの結婚のために皇籍を離脱したいと宣言したとしたら、何人の皇族方が引き止めてくださるだろうか……。

「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載

関連記事(外部サイト)

×