京都市内で観光客らがサルに噛まれる被害相次ぐ 唾液経由で肝炎や破傷風の恐れも

記事まとめ

  • 京都市内で、野生のサルが観光客らにかみつく被害が相次いでいる
  • サルは人間の弱い点を知っているそうで、高齢者や女性、子供を狙うという
  • 唾液などを経由して感染症にかかる危険もあるほか、Bウイルスや肝炎、破傷風の恐れも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております