悠仁さまの机に置かれた刃物、形状が話題に… エヴァンゲリオン登場「ロンギヌスの槍」を模した?!

悠仁さまの机に置かれた刃物、形状が話題に… エヴァンゲリオン登場「ロンギヌスの槍」を模した?!

長谷川容疑者

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。

 「天皇制や皇位継承のあり方に不満があった」

 住所・職業不詳、長谷川薫容疑者(56)は、このような趣旨の供述をしているという。警視庁捜査一課では、動機や背後関係について、徹底追及している。

 こうしたなか、悠仁さまの机に置かれた刃物の形状が話題となっている。約60センチの棒の先に刃が平行になるように果物ナイフ2本が取り付けられ、やりのような形状になっていた。刃はピンク色に塗られていた。

 ネット上では「これってアレですよね」「ぜひ、ロンギヌスにした理由を聞き出してほしい」といった声が広がっている。

 ロンギヌスの槍とは、新約聖書に登場するイエス・キリストの生死を確認するために使用された武器のこと。これをモチーフにして、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」には、先端が二股に分かれた赤い槍が「ロンギヌスの槍」として登場している。

 極左暴力集団の中には「反皇室闘争」を続ける組織もある。今回の事件とも関係するのか。

 東京未来大学の出口保行教授(犯罪心理学)は「刃に塗ったのが血を連想させる赤ではなく、ピンクだったということは、世間に注目されたかったのではないか。このような行動をする人物は“組織のお荷物”になる。単独犯の可能性が高い」と分析している。

関連記事(外部サイト)