慌てず、待つ勇気を…専門家に聞く「右直事故」の回避法 直進車両側は「右折を常に身構えて」

【大津市の保育園児死亡事故】右直事故の回避法を専門家指摘「慌てないことが要点」

記事まとめ

  • 大津市の保育園児死亡事故は、右折車と直進車が衝突するいわゆる「右直事故」だった
  • 右折車と直進車の交差点での衝突は、周囲を巻き込む重大事故につながるケースも多い
  • 自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は、右折側の車両は「慌てないこと」が要点だと指摘

慌てず、待つ勇気を…専門家に聞く「右直事故」の回避法 直進車両側は「右折を常に身構えて」

慌てず、待つ勇気を…専門家に聞く「右直事故」の回避法 直進車両側は「右折を常に身構えて」

大津市の事故現場。ドライバーにとってはひとごとではない

 大津市の県道交差点で保育園児らの列に車が突っ込み、2人が死亡した事故は、右折車と直進車が衝突するいわゆる「右直事故」だった。似たような場面でヒヤリとした経験のあるドライバーも少なくないはずだが、危機を回避し、被害を小さくするにはどうすればいいのか。

 大津市の事故では、丁字路を右折しようとした乗用車と直進してきた軽乗用車が衝突、軽乗用車は歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた園児らをひき、フェンスにぶつかり停車した。

 右折車と直進車の交差点での衝突は、周囲を巻き込む重大事故につながるケースも多い。

 最低限ドライバーが心掛けておくべき心得について自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は、右折側の車両については「慌てないこと」が要点だという。

 「いけそうな気がするといった気持ちで曲がらないこと。特に対向車線が1車線の場合、距離が短いので安易に右折しがちだが、かえって危険性が高い」

 赤信号への変わり際にも対向車線から交差点に車が進入してくる恐れもある。「路肩やセンターラインからオートバイが出てくる場合もあるので、矢印式信号機では右折の矢印が出るのを待つ。後続車両にあおられたりするかもしれないが、危ないと思ったら次の信号まで見送ることも考えるべきだ」と佐藤氏。待つ勇気も必要だ。

 一方、直進車両側も気を抜くのは禁物だ。「交差点に入るとき、右折しようとする車両が動きそうかどうか、常に身構えておいた方がいい」と前出の佐藤氏。

 交差点で衝突しそうになったときの回避術について、「ハンドルを左に切って逃げた後、すぐ右に戻すように常に頭に入れておく」ことが大事だ。

 周囲に退避できるスペースがない場合、思い切りブレーキを踏むことも一つの手だ。

 「後続車に追突される危険性はあるが、少なくとも無関係な人たちを巻き込むことはない」と佐藤氏。とにかく油断は禁物だ。

関連記事(外部サイト)