保守論客が激怒した映画「主戦場」 監督ら製作者側が会見「合意できていると思っていた」

保守論客が激怒した映画「主戦場」 監督ら製作者側が会見「合意できていると思っていた」

会見で映画の正当性を主張するデザキ氏(中央)

 インタビュー出演した保守論客が、肖像権侵害や名誉毀損(きそん)などでの法的措置を検討している慰安婦をテーマにした映画「主戦場」について、渦中の監督や配給会社の記者会見が3日、都内で行われた。

 「(映画の上映は)合意できていると思っていた」「この映画はとてもフェアだと思っている」

 注目の記者会見で、監督のミキ・デザキ氏はこう語った。質疑応答が長引き、会見は約2時間に及んだ。

 出演した教育研究者の藤岡信勝氏らは5月30日に開いた抗議会見で、映画は「一方的なプロパガンダ」と批判。学術研究として出演を許諾したのに合意を反故(ほご)にされた。商業映画であれば肖像権も侵害しているなどとして、映画の上映中止などを求めている。

 これに対し、デザキ氏は「メールや交わした合意書から劇場で商業的に公開されること(を出演者ら)は知っていた」と反論し、肖像権に関しては配給会社の「東風」が「弁護士、監督と相談の上、検討するが、今後もそのまま使用していく予定」とコメントした。

関連記事(外部サイト)