日本大アメフット部の悪質反則問題、警視庁捜査1課「犯罪にあたる事実はなかった」

記事まとめ

  • 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁捜査1課が判断を下した
  • 内田正人前監督と井上奨前コーチによる危険タックルの指示はなかったと結論づけた
  • 日大関係者ら約200人への聴取、試合映像など客観証拠の精査の結果、「シロ」だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております