宮城県沖で30年以内にマグニチュード7級の大地震が確率は90% 青森県沖でもM8級想定

記事まとめ

  • 政府の地震調査委員会が東日本大震災の巨大地震が起きた日本海溝の地震活動を予測
  • 宮城県沖では30年以内にマグニチュード7級の大地震が90%の高い確率で起きるという
  • 青森県東方沖から岩手県沖北部でもM7.0〜7.5の発生確率が90%以上だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております