児童相談所の強制の立ち入り調査「臨検」10年間で17件にとどまる 保護者の反発懸念も

記事まとめ

  • 児相の強制の立ち入り調査「臨検」が10年間で17件にとどまっていることがわかった
  • 児相側は保護者の反発などのリスクを懸念し、二の足を踏んでいるとみられる
  • 大阪市の2幼児遺棄事件では、住民から4回も通報がありながら児相は臨検を見送っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております