「反天皇制」で活動の名古屋家裁の男性判事を最高裁が事情聴取 判事は事実関係を否定

記事まとめ

  • 名古屋家裁の男性判事(55)が「反天皇制」をうたう団体の集会で皇室批判をした問題
  • 最高裁の堀田真哉人事局長は22日、事実関係を調査していると明らかにした
  • 反戦団体「不戦へのネットワーク」の会報に、「天皇制、迷惑」と寄稿したとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております