爆薬製造容疑で高校生書類送検 元大学生と情報交換 警視庁

 威力の強い爆薬「ETN(四硝酸エリスリトール)」を自宅で製造し、所持したとして、警視庁公安部は8日、火薬類取締法違反容疑で、東京都の男子高校生(16)を書類送検した。「知識として製造方法を知っておきたかった」などと容疑を認めている。

 公安部によると、高校生は昨年、会員制交流サイト(SNS)を通じて、今年3月に名古屋地裁で爆発物取締罰則違反などの罪で懲役3年以上5年以下の実刑判決を受けた元大学生と知り合い、ETNの製造方法などを尋ねていたという。

 愛知県警による捜査の過程で、元大学生が高校生らとやり取りをしていたことが判明し、警視庁に情報提供していた。公安部は昨年10月に高校生宅を捜索し、ETNを押収した。ETNに調合する前の複数の原料も見つかり、これらはすべてインターネットで購入したとみられるという。

 ETNを実際に使用した形跡や他の爆薬製造は確認されなかった。公安部は高校生にテロの画策など思想的な背景はなく、ETNの使用を計画していなかったとみている。

 書類送検容疑は、昨年8月、自宅で硝酸カリウムなどを調合してETN約2.4グラムを製造、10月に所持したとしている。

関連記事(外部サイト)