銀行協会装いキャッシュカードだまし取る 男の画像公開 東京

銀行協会装いキャッシュカードだまし取る 男の画像公開 東京

女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す男の画像(警視庁提供)

 銀行協会の職員などを装って高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとして、警視庁捜査共助課は9日、女性宅周辺やコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)の防犯カメラに写っていた男の画像を公開した。男は特殊詐欺グループの「受け子」兼「出し子」役とみられる。同課は詐欺容疑などで捜査しており、情報提供を呼びかけている。

 同課によると、2月23日午前、東京都杉並区の無職女性(85)宅に百貨店の店員や銀行協会の職員を装って「あなた名義のカードを使おうとしている者がいる」「新しいキャッシュカードに取り換える」などと電話があり、女性は同日午後、自宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を渡した。女性は暗証番号も伝えていたといい、その後、女性の口座からは計300万円が引き出された。

 銀行から「多額の引き出しがある」と女性宅に連絡があり、被害が発覚した。

 男は20代くらいの黒髪。背広姿で眼鏡をかけていた。情報提供は高井戸署(03・3332・0110)。

関連記事(外部サイト)