F35A墜落 空自北部航空方面隊司令官が青森県知事に陳謝

F35A墜落 空自北部航空方面隊司令官が青森県知事に陳謝

青森県の三村申吾知事に謝罪する空自北部航空方面隊の森川龍介司令官(左)=12日、青森県庁(福田徳行撮影)

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A1機が墜落した事故で、空自北部航空方面隊の森川龍介司令官が12日、県庁を訪れ、三村申吾知事に陳謝した。三村知事は、行方不明になっているパイロットの捜索と原因究明、再発防止を求めた。

 森川司令官は「県民に大きな不安を与え、申し訳ありません」と謝罪するとともに、同基地に配備されているF35A12機の飛行訓練を当面、見合わせることを報告。三村知事は「パイロットの捜索に全力を注いでほしい」と述べた上で「事故調査委員会の原因究明と再発防止に最大の配慮をしてほしい」と語った。

関連記事(外部サイト)