日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が再び保釈 東京地裁は証拠隠滅の恐れ認定も

記事まとめ

  • 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が再び保釈され、検察側が猛反発している
  • 東京地裁は、証拠隠滅の恐れを認めながら保釈を決定するという異例の判断に踏み切った
  • 地裁は保釈決定で、ゴーン被告による事件関係者への「働きかけの企図」があったと認定

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております