逮捕後に暴れ、突然意識不明に…21歳の男性死亡 川崎

21歳男性が逮捕後に暴れ死亡

 神奈川県警捜査1課は1日、県警麻生署が器物損壊の容疑で先月19日に逮捕した後、意識不明になっていた大学4年の男性(21)=川崎市麻生区=について、同日午後3時に搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。

 同課によると、男性は先月19日午後6時25分ごろ、同区内の路上で、普通自動車のフロントガラスを破壊するなどしたため、自動車の運転手の男性と通行人数人に取り押さえられ、110番通報で駆けつけた麻生署員によって同署に身柄を移された。

 その後、署内で暴れたため、同署員数人が取り押さえたうえで取り調べを行っていたところ、突然男性の心肺が停止。病院搬送後に心臓の動きは回復したものの、自発呼吸はできず意識不明の状態が続いていたという。同課によると、男性は犯行時、上半身裸に裸足の状態で「俺を殺してくれ」などと叫び、自傷行為とみられる傷も確認されていた。

 同課は逮捕当時の同署の対応が適切だったかも含めて、男性が死亡した原因を調べている。

関連記事(外部サイト)