2歳児を虐待、容疑で両親逮捕 和歌山県警

 重度のやけどを負った四男(2)に医師の診断を受けさせず放置して虐待したとして、和歌山県警和歌山北署は3日、保護責任者遺棄容疑で、父親の板金溶接工、中野将希容疑者(33)と母親の無職、裕香容疑者(29)=いずれも和歌山市松江北=を逮捕した。将希容疑者は「クリームなどを塗って処置した」と容疑を否認、裕香容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は、昨年11月上旬ごろ、熱湯入りのやかんに四男が接触し、腕や太ももに重度のやけどを負ったのに、適切な医療を受けさせず放置したとしている。

 同署によると、同月18日に自宅を訪れた祖母らがやけどに気付き、病院へ連れて行った。男児は命に別条はないが、顔などに複数の皮下出血があり、虐待の可能性もあるとみて病院関係者が警察に通報した。

関連記事(外部サイト)