千葉・東金の死体遺棄事件 男女3人を殺人予備容疑で再逮捕

 千葉県東金市の雑木林に大内軍際(ぐんさい)さん(79)=千葉市中央区白旗=の遺体が1月に遺棄された事件で、千葉県警は4日、大内さんを山に置き去りにしようとしたとして、殺人予備の疑いで、いずれも死体遺棄罪で起訴された住所不定の松本かほる被告(70)ら3人を再逮捕した。3人は容疑を認めている。

 他に再逮捕されたのは、大石徳雄被告(69)、進藤正幸被告(69)=いずれも同区大巌寺町。再逮捕容疑は共謀して1月21日ごろ、置き去りにすれば死亡すると認識した上で、歩けないほど衰弱していた大内さんを車に乗せて埼玉県秩父市の山林に向かったとしている。大内さんは道中で死亡し、3人は東金市の雑木林に遺体を遺棄したとされる。遺体は先月3日、発見された。

 県警によると、3人は「大内さんの面倒を見きれなくなったので、捨てようと思った」と話している。

関連記事(外部サイト)