「しつけのため」9歳娘に暴行 50歳父親逮捕 栃木・真岡

 9歳の娘に暴行を加えけがをさせたとして、栃木県警真岡署は6日、傷害の疑いで、真岡市に住む派遣社員の父親(50)を逮捕した。父親は「しつけのためにやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2日午後2時ごろ、自宅で小学4年の娘に対し、背中を蹴ったりアイスコーヒーをかけたりする暴行を加え、弾みで膝に目を打ち付け全治2週間の打撲などを負わせたとしている。

 同署によると、4日に関係機関から「女児が目をけがしている」という相談を受け、女児や母親から話を聞くなどして発覚したという。同署は暴力が日常的に行われていた可能性もあるとみて経緯を詳しく調べている。

関連記事(外部サイト)