川崎の東名高速で女性はねられ死亡 自殺か

東名高速で女性死亡 自殺か

 神奈川県警高速隊は7日、川崎市宮前区土橋の東名高速道路で、市内に住む60代の女性がトラックにはねられ、死亡したと発表した。

 事故は6日午後11時40分ごろ発生。千葉県山武市木原の男性会社員(54)が運転する10トントラックが下り車線を走行していたところ、左側の路肩方向から徒歩で走行車線に入ってきた女性と衝突した。女性は全身を強く打ち、その場で死亡が確認された。

 同隊によると、現場には東名高速道路をまたぐ形で橋がかけられ、橋のたもとには高さ約180センチの鉄製のフェンスが立っており、フェンスの近くからは女性のものとみられるポーチが発見された。

 同隊は女性がフェンスを乗り越えて高速道路内に入り、自殺した疑いもあるとみて調べている。

関連記事(外部サイト)