【池田小事件】山下玲奈さん母「いつも見守られている」

【池田小事件】山下玲奈さん母「いつも見守られている」

大阪教育大学付属池田小学校殺傷事件から18年。「祈りと誓いの集い」で鐘を鳴らす児童=8日午前10時12分、大阪府池田市(安元雄太撮影)

 山下玲奈さん=当時(8)=の母、和子さん(56)は毎年、6月8日が近づくと心身がつらくなる。唯一紛らわせてくれるのは、事件の5年後に生まれた長男(13)の6月4日の誕生日。「6月8日が近づく前に楽しいことがあるように、生まれてくれたのかな」と思う。

 長男は今春、中学に入学。玲奈さんを知っていて、長男の成長を楽しみにしてくれている人も周りにたくさんいる。和子さんは「常に玲奈を感じる」と話す。「自分は悲しい思い出に包まれているというより、いつも見守られているんだな…」と、あたたかい気持ちに包まれる。

 昨年、母校の雲雀丘(ひばりがおか)学園高(兵庫県宝塚市)の放送部員のインタビューを自宅で受け、事件のドキュメンタリー制作に協力した。「今は校門に警備員がいて安全に学校に通える環境だけど、それはあの事件があったからなんだと知ってほしかった」

 取材は3回に及んだ。取材に来た女子生徒4人のうち、3人は事件が起きた平成13年度の生まれ。「とにかく明るく元気で、私の言うことをちゃんと聞いてくれる子だった」と玲奈さんのことを話す中、ふと「高校生だったら、こんなふうだったのかな」という思いがわき上がった。

 生きていれば26歳。だが、記憶の中の姿は8歳のままだ。成長した姿を想像することはないという。

 生徒らは幼稚園の同級生や先生も取材した。完成した作品「廻(まわ)り続ける」は昨年6月、NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会で準優勝を獲得した。

 和子さんには、取材を通してうれしかったことがあった。取材を終えた生徒が、「当たり前の生活がありがたいと感じた」「家族とけんかすることもあるけど、仲良くしようと思う」と話してくれたことだ。

 家族と過ごす「当たり前の生活」がどれほど大切で、かけがえのないものか。一番伝えたかったことが伝わった−と感じた。

関連記事(外部サイト)