千葉・柏女性殺害 義母に求刑超える懲役7年判決 夫は懲役15年

千葉・柏女性殺害 義母に求刑超える懲役7年判決 夫は懲役15年

弥谷麻衣子さんの遺体が見つかった恵美被告の自宅=茨城県取手市(橘川玲奈撮影)

 昨年7月、千葉県柏市の弥谷(やたに)麻衣子さん=当時(30)=の遺体が茨城県取手市の夫の実家で見つかった事件で、殺人罪などに問われた夫で元銀行員の鷹仁(たかひと)被告(37)と、殺人幇助と死体遺棄の罪に問われた義母の恵美被告(64)の裁判員裁判の判決公判が12日、千葉地裁で開かれた。岡部豪裁判長は鷹仁被告に懲役15年(求刑懲役17年)、恵美被告に懲役7年(求刑懲役6年)を言い渡した。

 恵美被告の弁護人は、「息子が殺人を犯すとは思っていなかった」と殺人幇助罪について無罪を主張していたが、判決では「鷹仁被告の犯行を止められる唯一の存在だったにもかかわらず、積極的に手助けをした。幇助犯として最大限の非難に値し、正犯の半分程度の刑が相当」として、求刑を超える判決を言い渡した。

 鷹仁被告についても「用意周到に殺害計画に及び、強固な殺意があった」と非難した。

 判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーを食べさせた上で首を絞めて殺害し、取手市の恵美被告の自宅の庭にあらかじめ恵美被告と掘った穴に麻衣子さんの遺体を埋めた。

関連記事(外部サイト)